波野發作『ストラタジェム;ニードレスリーフ 巻ノ壱 キルアクロウ』:感想


その作品執筆に至るまでの長いお話はこちら。

マガジン航:もしも、ペナンブラ氏が日本人だったら

 

ちなみに、群雛文庫のほうの作品というのはこちら。


 

カテゴリー: