市川イチ『肖像』:感想


大きい物語を極限まで圧縮した濃密で短い作品だから、余計にそう感じたのだと思います。

今や絶滅危惧種と化している「文学」ですけど、まだまだ大丈夫!


 

カテゴリー: