山田佳江『赤毛の魔女と真空図書館』:感想


余計なこと書いてますけど、宮下順子の『赫い髪の女』は、にっかつロマンポルノの代表作のひとつです(内容はほとんど覚えていない)。


 

カテゴリー: