えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

長崎小品
ながさきしょうひん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「芥川龍之介作品集第三巻」 昭和出版社
1965(昭和40)年12月20日
初出「サンデー毎日」1922(大正11)年6月
入力者j.utiyama
校正者かとうかおり
公開 / 更新1999-01-26 / 2014-09-17
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 薄暗き硝子戸棚の中。絵画、陶器、唐皮、更緲、牙彫、鋳金等種々の異国関係史料、処狭きまでに置き並べたるを見る。初夏の午後。遙にちやるめらの音聞ゆ。
 久しき沈黙の後、司馬江漢筆の蘭人、突然悲しげに歎息す。
 古伊万里の茶碗に描かれたる甲比丹、(蘭人を顧みつつ)どうしたね? 顔の色も大へん悪いやうだが――
 蘭人、いえ、何でもありませんよ。唯ちつと頭痛がするものですから――
 甲比丹、今日は妙に蒸暑いからね。
 唐皮の花の間に止まれる鸚鵡、(横あひより甲比丹に)[#挿絵][#「[#挿絵]」は底本では「謔」]ですよ。甲比丹! あの人のは頭痛ではないのです。
 甲比丹、頭痛ではないと云ふと?
 鸚鵡、恋愛ですよ。
 蘭人、(鸚鵡を嚇[#「嚇」は底本では「嘛」]しつつ)余計な事を云ふな!
 甲比丹(蘭人に)まあ黙つてゐ給へ。(鸚鵡に)さうして誰に惚れてゐるのだい?
 鸚鵡、あの女ですよ。ほら、あの阿蘭陀出来の皿の中にある。――
 甲比丹、何時も扇を持つてゐる女か?
 鸚鵡、ええ、あれです。あの女は顔こそ綺麗ですが、中々気位が高いものですからね。
 蘭人、(再び鸚鵡を嚇しつつ)こら、失礼な事を云ふな!
 甲比丹、さうか? それは気の毒だな。(金象嵌の小柄の伴天連に)どうしたものでせう? パアドレ!
 伴天連、さあ、婚礼はわたしがさせても好いが、――何しろ阿蘭陀生れだけに、あの女の横柄なのは評判だからね。
 蘭人、どうかもう御心配なさらずに下さい。(やけ気味に)いざとなればあの種が島に、心臓を射抜いて貰ひますから。
 種が島、(残念さうに)駄目だよ。僕は錆びついてゐるから、――サアベル式の日本刀にでも頼み給へ。
 牙彫の基督、(紫壇の十字架上に腕をひろげつつ)無分別な事をしてはいけない。ふだん云つて聞かせる通り、自殺などをしたものは波群葦増の門にはひられないからね。(麻利耶観音に)お母様! どうかしてやる訳には参りませんか?
 麻利耶観音、さうだね。ではわたしが頼んで見て上げようか?
 伴天連、さう願へれば仕合せでございます。
 甲比丹、どうか御尽力を願ひたいと存じますが、――(蘭人に)君からもおん母に御頼みし給へ。
 蘭人、(恥しげに)何分よろしく御願ひ申します。
 鸚鵡、御恵深い麻利耶様! わたしからもひとへに御願ひ致します。
 麻利耶観音、(阿蘭陀の皿に描かれたる女に)あなた!
 阿蘭陀の女、何か御用ですか?
 麻利耶観音、はい、実はこの若い方があなたを御慕ひ申してゐるのださうですが、――
 阿蘭陀の女、まあ嫌です事。わたしはあの方は大嫌ひでございます。
 麻利耶観音、それでも体さへ窶れる程、思ひ悩んでゐるやうですから、――
 阿蘭陀の女、それはあの方の御勝手ではありませんか? 一体わたしは日本出来や支那出来の方は虫が好かないのです。
 麻利耶観音[#ルビの「くわ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko