えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

かの日の歌【二】
かのひのうた【二】
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「琉球新報」1911(明治44)年11月3日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-01-14 / 2016-12-09
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


     [#挿絵]

音なき秋の空をながめて、
木の葉は淡き吐息をもらし、
色みな、悲しきメロディなり。

時のまに/\泣きすぐる風に、
調べはいたく、狂ひわなゝき、
自然の胸の痛みは、更に深し。

黄ばめる木の葉は、翼をふるひ、
暗をもりたる、谷をみおろし、
渦まきながら、果ては消えゆく。

     [#挿絵]

こゝちよき南の朝、

空は薔薇色の絹をのべ、
いろ鳥の歌は、若かき恋のごとく、
珠の響きをもてふるへり。

眼ざめし軟風、払手柑の花咲く
泉のほとりに、たわふれば、
かぐわしき名香、四方に散じ、
草葉にむすぶ露も、はら/\と散る。

あわれ、ユウカリ樹の下に、
たをやの髪を手にまきて、
若かき恋の別れを告げし、曙も、
今は、浮刻の如く、空にうつらふ。

     [#挿絵]

なぎたる海の如き小夜なか。
香ひよき酒にさめて、
物すごき森の奥に、
極楽鳥の声をきくとき、
心は新らしき悲しみの眼をひらく。

南極星のなゝめに傾むき、
椰子の葉影にふるゝ頃まで、
色あせし唇に、「かの日の歌」をなせど、
たへなる音もなく、息は糸のごとく衰ろへ、
果敢なき涙して、喜びは吾れをさかりゆく。

     [#挿絵]

涙ぐみたる植民地の空。
あぢきなき労働を終へて、
榕樹の影に息ふ黄昏よ!

息ふかき鐘の音は、愁人の声を偲ばせ、
収穫しさゝやかな穂束をながめて、
………かたパンを食ふに似たる生活を思ふ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko