えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

かの日の歌【三】
かのひのうた【三】
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「琉球新報」1911(明治44)年12月3日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-01-20 / 2016-12-09
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


     [#挿絵]

温たかき玉は、君が手より、
すべり落ちぬ。
その玉は他人の手に握られ、
楽しき夢路をたどるなり。
   あゝ君は淋しき人なり。
   君はいや更に悲しめ!
   もだへ、苦しむは君のさがなり。
ぬめらかなる玉は、すべり安く、
ふしくれだちし手には、
あまりに痛ましく、たへがたく――
すべり落つるも、ことわりなり。
   あゝ君は淋しき人なり。
   君はいや更に悲しめ!
   もだへ、苦しむは君のさがなり



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko