えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

蛋白石
たんぱくせき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第二十八巻(習作一)」 新日本出版社
1981(昭和56)年11月25日
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2009-11-24 / 2014-09-21
長さの目安約 25 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

        (一)

 劇場の廊下で知り合いになってからどう気が向いたものか肇はその時紹介して呉れた篤と一緒に度々千世子の処へ出掛けた。
 千世子は斯うやってちょくちょく気まぐれに訪ねて来る青年に特別な注意は、はらわなかった。
 けれ共相当の注意を無意識の裡に呼び起こされるほどセンチメンタルな言葉を洩して居た。
 細い背の高い体と熱い様な光りの有る眼とを持って眼の上には長くて濃い□□が開いて居た。
 上っ皮のかすれた様な細い声は低く平らかに赤い小さな唇からすべり出て白い小粒にそろった歯を少し見せて笑う様子は二十を越した人とは思われないほど内気らしかった。
 笹原と云う姓は呼ばずに千世子はいつでも
 肇さんと呼んだ。
          ――○――
 春の暖かさが身内の血をわかして部屋にジーッとして居られないほどその日は好い天気だった。
 肇は目覚めるとすぐ、
 ああ、どっかへ行って見たい天気だなあ。
と思った。
 そして第一頭へ浮び出たのは千世子の処であった。
 けれ共此頃あんまり千世子の処へ行きすぎたと云う事を自分でも知って居る肇は今日も行くと云う事が何となし一つ所へばっかり引きよせられて居る様で篤を誘うのも間が悪い様な気がしたしあんまり意志が弱い様な気もした。
「行きたかったらどっかへ行けばいいさ!」
 そんな事を思って肇は午前中はかなり力を入れて翻訳物をした。
 二時頃になると肇はとうとう篤を誘って千世子の処へ出掛けた。
 道々肇はこんな事を云った。
「今日はね、
 ほんとうは行くまいと思ったんだよ。
 だけどやっぱり出て来ちゃったねえ。」
「そうかい、
 ほんとうにこの頃は随分ちょくちょく行くねえ、
 あの人は遠慮なんかしないから邪魔だったらそう云うだろうさ!
 だからいいやね。」
「だって邪魔だなんて云われるまで行くなんてあんまりじゃないか。」
 二人はだまってポクポクと広い屋敷町を歩いた。
 しばらくたって肇は篤の顔をのぞく様にして低い声を一層低くして云った。
「一体あの人は何故あんな風をしてるんだろう。」
「あんな風って。」
「髪だってああ云う風に結ってるしさ、
 何だか違うじゃないか、
 それにあの人はどんな時でも右の小指に小さいオパアルの指環をはめてるねえ。」
「すきだからだろう、
 髪だって指環だって好きだからああやって居るんだろうさ、
 気んなるんならきいて見るといい。」
 二人は静かに歩きながら千世子の事についてぼそぼそと話し合って居た。
 千世子の家の前に来た時二人は一寸たち止まった。
 そしてどっかの迷い猫が眠って居る花園のわきをしのび足で通って落ついたしっとりした書斎に入った時千世子は居ないで出窓のわきに置いたテーブルの上の開かれた本が淋しそうに白く光って居た。
「どこへ行ったんだろう。」
「何!
 じきに来るさ!」
 家の…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko