えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「道標」創作メモ
「どうひょう」そうさくメモ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第三十巻」 新日本出版社
1986(昭和61)年3月20日
初出「宮本百合子全集 第三十巻」新日本出版社、1986(昭和61)年3月20日初版
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2007-12-27 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     再びパリへ

 九月十八日  午后六年パリ

 十月二十四日 パリを親たち去る

[#挿絵]

 〔欄外に〕青い手帖「フランス」
 九月二十九日夜 三人 モンマルトルの赤馬で食事してかえったら下に速達
     板倉鼎 朝六時死
  板倉さんに泊る
   三十日 夜ペルールにかえり入浴 泊る
 十月一日  葬式 雨
 十月二日  ひどい風 十二時まで眠る
夜八時すぎ板倉見まい
 モンパルナスの角でコーヒーをのみマデレーヌからタクシー
 十月三日雨 Mと衝突した
   四日雨 金 フランス語
Madam H Ragondely 18 Rue Auguste-chabr[#挿絵]res 15e
H来クラマールへ
 引こす相談
   五日 モスク[#挿絵]へ手紙 No. 30 土
ジェネ[#挿絵]へ二人で、十一時の汽車で立つというのに中途でm[#「m」の左に「52-歳」]気分わるくして、中止、
口先の同情
実に低級な同情を欲する
わめく。そこへ他人が来ると、うってかわって口をきき、ものわかりよくなる。
ものをさせるのが下手
親が病気をしてもちっとも心配しない
私が目がわるくなってから何度ものをよんでくれた
○おかあさま、それぞれの立場でしなくてはならないことをわからせておさせなさいよ」
寿江子の靴下プランタンへ買いにゆく
やぶれたのをはいて
   伸子 マッフラー止め二ケ
      手帖(青)
      スエ子靴下
 マデレーヌのうしろの店でトーモロコシを買う8F 四本で
電車でかえる。日没美しい(六時半)caf[#挿絵]を一つのみ
マカロニーつくる。父も工合わるい
スエ子と自分フジへ行ってすきやき
サンミッシェルの角まで歩いて車
   コンコードの美しさ
   十時ごろはもう消える
夜十一時頃 ホテルモンソーへかえる

 十月六日  カーテンから朝日この数日ない。
パン、茶をのんだらまた雨
板倉午后三時に。
きょうから一時間くり上げ(Summer time の終りか)
 十月七日  クラマールにきまる
フランス語
 去年八月から仕事をしていないことを考えておそろしくなった。
mコンコードで会い
チュレリーへ行って家のこと話していると太鼓
黄金狂時代(チャップリンの)を見るつもり、だめで Volga Volga ステンカラージンが女を海へすてるところ
すこしのブドー酒、少しの光線、多くのタンサン瓦斯で、中学生になる、
自分も大してコッケイを感じず、おかしい。
ペレールによって左右田喜一郎の話
   ペレールへ泊った。

 十月二十四日 親たち帰国、

 十月八日  おきると雨
雨ね、おとうさま
――ああ。だまっているんだ。また問題がおこるから。
十時の汽車に父母のせ(ジェネ[#挿絵])
トロカデロまでかえって Hotel へ行ったら Note がおい…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko