えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

偶感
ぐうかん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第三十巻」 新日本出版社
1986(昭和61)年3月20日
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2008-03-27 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 非常に愛らしい妹を得ると同時に、危ぶんで居た母の健康も廻復期に向って来たので、私は今又とない歓びに身を横えて居る。
 それに、来年の四月頃に、何か一つまとめた物を出して、知人の間にだけでも分けたいと思って居るので、その出来上って居る腹案を筆に乗せるのに毎日苦しんで居る。
 八月中には、大体の結構は出来上って居なければならない。
 九月中には、胚胎を訂正し、次の月には、何か一つ出来たら書き、若し出来兼ねたら、鈍色の夢をも一度見なおさねばならない。
 その時はかなり熱して書いたものも、今になると、あきたらぬ節が思いの外に多いのに失望する。
 それは、私にとって嬉しい事であると同時に、何となし不安定な様な心のする事である。
 或る一つの仕事を仕あげ様とする快いせわしさと、苦しさに迫られて居る。
 今の気持では年に一つ一つ何か遺して行きたいと思って居る。
 二年後には、希臘古代の彫刻家を訳して仕舞えるだろうから、そして三年目には、又何か一寸した創作でもまとめて見たい気で居る。
 斯うして、考えるので、私の先は非常に多忙な訳になる。
 此頃は、幸健康も確らしくなって来て居るから又とない心丈夫な事である。
 語学の必要をつくづく感じて居る。
 しなければならない事に追われる様で、頭が散漫になりはしまいかと怖れて居る。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko