えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

胡氏
こし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「中国の怪談(二)」 河出文庫、河出書房新社
1987(昭和62)年8月4日
入力者Hiroshi_O
校正者noriko saito
公開 / 更新2004-10-21 / 2014-09-18
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 直隷に富豪があって家庭教師を傭おうとしていると、一人の秀才が来て、自分を傭うてくれと言った。主人は内へ入れて話してみると、言語がさわやかであったから、好い人があったと思って悦んだ。秀才は自分で胡という姓であると言った。
 そこで富豪は幣を出して胡を自分の家へ置いた。胡は児を教育するにあたって心切で勤勉であった。それに学問が博くてしたっぱな人間でないということが解った。その胡は時とすると散歩に出て夜暗くなって帰る癖があったが、その時は入口の扉を堅く閉めてあるにもかかわらず、叩いて人を呼ばないで、いつの間にか室の中に入っていた。主人は不思議に思って、ある時そっと窺いてみると、室の中に胡はいなくて一疋の狐がいた。
 主人はひどく驚いたが、しかし胡の意をはかってみるに悪いことをするようでもないから、鄭重に取りあつかって妖怪というようなことで礼儀を廃すようなことはなかった。胡は主人に女のあるのを知って結婚したいと思ったのか、時どきその意味をほのめかしたが、主人はそのつど意味が解らないような顔をした。
 ある日、胡は休暇をくれと言って出て往ったが、翌日一人の客が来た。客は黒い驢に乗って来てそれを門に繋いであった。主人はその客を迎えた。それは年の頃五十あまりの履物も着物も新しい、温厚な男であった。やがて二人が席につくと、客は自分の来た用事を話しだした。
「私が今日あがりましたのは、胡氏があなたと長く御交際を願いたいために、お宅の令嬢と結婚したいと申しますものですから」
 主人は黙って聞いていたが、暫くして言った。
「僕と胡先生とは、もう莫逆の友になっております、結婚なんかしなくてもいいでしょう、それに児は、もう許婚になっておりますから、どうかあなたが僕に代って、胡先生に話してください」
「しかし令嬢は、確かにまだ許婚になっていないことを知っておりますが、なぜ胡先生と結婚さすのをお嫌いになります」
 客はこんなことを二三回も繰りかえして言ったが、主人はきかなかった。客は慙じたようなふうであった。客はまた言った。
「胡も家柄ですよ、そうあなたの家に劣るものじゃありませんよ」
 すると主人が言った。
「それではありのままに言いますが、私が結婚させないのは他に意味はないが、ただ胡先生は人間ではありませんから」
 客は怒った。
「それは無礼です」
 主人も怒った。
「何が無礼だ」
「けしからんことをおっしゃる」
「何がけしからん」
「けしからんです」
 二人は猛りたった。客はいきなり主人の顔をひっ掻いた。主人は家の者を呼んで、杖で撲ろうとした。客は驚いて遁げて往った。乗って逃げる隙もなかったとみえて驢はそのままにしてあった。側へ往ってみると黒毛の耳の高い尾の長い大きな驢であった。そこで手綱を解いて曳っぱったが動かなかった。そして何人かが乗ろうとすると、そのままつくばってしまった。…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko