えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ねずみの嫁入り
ねずみのよめいり
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本の神話と十大昔話」 講談社学術文庫、講談社
1983(昭和58)年5月10日
入力者鈴木厚司
校正者大久保ゆう
公開 / 更新2003-08-26 / 2014-09-17
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を持って、粟を持って、豆を持って、たいそうゆたかに暮らしているお金持ちのねずみが住んでおりました。
 子供がないので神さまにお願いしますと、やっと女の子が生まれました。その子はずんずん大きくなって、かがやくほど美しくなって、それはねずみのお国でだれ一人くらべるもののない日本一のいい娘になりました。
 こうなると、もうねずみの仲間には見わたしたところ、とても娘のお婿さんにするような者はありませんでした。ねずみのおとうさんとおかあさんは、
「うちの娘は日本一の娘なのだから、何でも日本一のお婿さんをもらわなければならない。」
 と言いました。
 そこでこの世の中でだれがいちばんえらいかというと、それは高い高い空の上から世界中をあかるく照らしておいでになるお日さまの外にはありませんでした。そこでおとうさんはおかあさんと娘を連れて、天へ上っていきました。そしてお日さまに、
「お日さま、お日さま、あなたは世の中でいちばんえらいお方です。どうぞわたくしの娘をお嫁にもらって下さいまし。」
 といって、ていねいにおじぎをしました。
 するとお日さまはにこにこなさりながら、
「それはありがたいが、世の中にはわたしよりもっとえらいものがあるよ。」
 とおっしゃいました。
 おとうさんはびっくりしました。
「まあ、あなたよりもえらい方があるのですか。それはどなたでございますか。」
「それは雲さ。わたしがいくら空でかんかん照っていようと思っても、雲が出てくるともうだめになるのだからね。」
「なるほど。」
 おとうさんはそこで、こんどは雲の所へ出かけました。
「雲さん、雲さん、あなたは世の中でいちばんえらいお方です。どうぞわたくしの娘をお嫁にもらって下さいまし。」
「それはありがたいが、世の中にはわたしよりもっとえらいものがあるよ。」
 おとうさんはびっくりしました。
「まあ、あなたよりもえらい方があるのですか。それはどなたでございますか。」
「それは風さ。風に吹きとばされてはわたしもかなわないよ。」
「なるほど。」
 おとうさんはそこで、こんどは風の所へ出かけていきました。
「風さん、風さん、あなたは世の中でいちばんえらいお方です。どうぞわたくしの娘をお嫁にもらって下さいまし。」
「それはありがたいが、世の中にはわたしよりもっとえらいものがあるよ。」
 おとうさんはびっくりしました。
「まあ、あなたよりもえらい方があるのですか。それはどなたでございますか。」
「それは、壁さ。壁ばかりはわたしの力でもとても、吹きとばすことはできないからね。」
「なるほど。」
 おとうさんはそこでまた、のこのこ壁の所へ出かけていきました。
「壁さん、壁さん、あなたは世の中でいちばんえらいお方です。どうぞうちの娘をお嫁にもらって下さいまし。」
「それは…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko