えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

羅生門
らしょうもん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本の英雄伝説」 講談社学術文庫、講談社
1983(昭和58)年6月10日
入力者鈴木厚司
校正者大久保ゆう
公開 / 更新2003-10-31 / 2014-09-18
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     一

 頼光が大江山の鬼を退治してから、これはその後のお話です。
 こんどは京都の羅生門に毎晩鬼が出るといううわさが立ちました。なんでも通りかかるものをつかまえては食べるという評判でした。
 春の雨のしとしと降る晩のことでした。平井保昌と四天王が頼光のお屋敷に集まって、お酒を飲んでいました。みんないろいろおもしろい話をしているうちに、ふと保昌が、
「このごろ羅生門に鬼が出るそうだ。」
 といい出しました。すると貞光も、
「おれもそんなうわさをきいた。」
 といいました。
「それはほんとうか。」
 と季武と公時が目を丸くしました。綱は一人笑って、
「ばかな。鬼は大江山で退治てしまったばかりだ。そんなにいくつも鬼が出てたまるものか。」
 といいました。貞光はやっきとなって、
「じゃあ、ほんとうに出たらどうする。」
 とせめかけました。
「何ひと、出たらおれが退治てやるまでさ。」
 と綱はへいきな顔をしていいました。貞光と季武と公時はいっしょになって、
「よし、きさまこれからすぐ退治に行け。」
 といいました。
 保昌はにやにや笑っていました。
 綱は、その時
「よしよし、行くとも。」
 というなり、さっそく鎧を着たり、兜をかぶったり、太刀をはいたり、ずんずん支度をはじめました。
 綱も、外の三人もみんなお酒に酔っていました。
 貞光は、その時あざ笑いながら、
「おい、ただ行ったって、何かしょうこがなければわからないぞ。」
 といいました。綱は、
「じゃあ、これを羅生門の前に立ててくる。」
 といって、大きな高札を抱えて、馬に乗って出かけました。
 真っ暗な中を雨にぬれながら、綱は羅生門の前に来ました。そして門の前を行ったり戻ったり、しばらくの間鬼の出てくるのを待っていました。けれどいつまでたっても、鬼らしいものは出て来ませんでした。綱はひとりで笑って、
「はッは、鬼め、こわくなったかな。やはり鬼が出るというのはうそなのだろう。まあ、せっかく来たものだから、高札だけでも立てて帰ろう。」
 と独り言をいいながら、門の前に高札を立てました。
「やれやれ、つまらない目にあった。」
 綱はぶつぶついいながら、そのまま帰って行こうとしました。あいにく雨が強くなって、風が出てきました。真っ暗な中で綱は、しきりに馬を急がせました。
 ふと綱の乗っていた馬がぶるぶると身ぶるいをしました。そのとたん、ずしんと何か重たいものが、後ろの鞍の上に落ちたように思いました。おやと思って、綱がそっとふり向くと、なんだかざらざらした堅いものが顔にさわりました。それといっしょにいきなり後ろから襟首をつとつかまれました。
「とうとう出た。」
 綱はこう思って、襟首を押さえられたまま鬼の腕をつかまえて、
「ふん、きさまが羅生門の鬼か。」
 といいました。
「うん、おれは愛宕山の茨木童子だ。毎…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko