えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

舌切りすずめ
したきりすずめ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本の神話と十大昔話」 講談社学術文庫、講談社
1983(昭和58)年5月10日
入力者鈴木厚司
校正者大久保ゆう
公開 / 更新2003-09-02 / 2014-09-17
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     一

 むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがありました。
 子供がないものですから、おじいさんはすずめの子を一羽、だいじにして、かごに入れて飼っておきました。
 ある日おじいさんはいつものように山へしば刈りに行って、おばあさんは井戸ばたで洗濯をしていました。その洗濯に使うのりをおばあさんが台所へ忘れていった留守に、すずめの子がちょろちょろかごから歩き出して、のりを残らずなめてしまいました。
 おばあさんはのりを取りに帰って来ますと、お皿の中にはきれいにのりがありませんでした。そののりはみんなすずめがなめてしまったことが分かると、いじのわるいおばあさんはたいへんおこって、かわいそうに、小さなすずめをつかまえて、むりに口をあかせながら、
「この舌がそんなわるさをしたのか。」
 と言って、はさみで舌をちょん切ってしまいました。そして、
「さあ、どこへでも出ていけ。」
 と言って放しました。すずめは悲しそうな声で、「いたい、いたい。」と鳴きながら、飛んでいきました。
 夕方になって、おじいさんはしばを背負って、山から帰って来て、
「ああくたびれた、すずめもおなかがすいたろう。さあさあ、えさをやりましょう。」
 と言い言い、かごの前へ行ってみますと、中にはすずめはいませんでした。おじいさんはおどろいて、
「おばあさん、おばあさん、すずめはどこへ行ったろう。」
 と言いますと、おばあさんは、
「すずめですか、あれはわたしのだいじなのりをなめたから、舌を切っておい出してしまいましたよ。」
 とへいきな顔をして言いました。
「まあ、かわいそうに。ひどいことをするなあ。」
 とおじいさんは言って、がっかりした顔をしていました。

     二

 おじいさんは、すずめが舌を切られてどこへ行ったか心配でたまりませんので、あくる日は、夜があけるとさっそく出かけていきました。おじいさんは道々、つえをついて、
「舌切りすずめ、
お宿はどこだ、
チュウ、チュウ、チュウ。」
 と呼びながら、あてもなくたずねて歩きました。野を越えて、山を越えて、また野を越えて、山を越えて、大きなやぶのある所へ出ました。するとやぶの中から、
「舌切りすずめ、
お宿はここよ。
チュウ、チュウ、チュウ。」
 という声が聞こえました。おじいさんは喜んで、声のする方へ歩いていきますと、やがてやぶの陰にかわいらしい赤いおうちが見えて、舌を切られたすずめが門をあけて、お迎えに出ていました。
「まあ、おじいさん、よくいらっしゃいました。」
「おお、おお、ぶじでいたかい。あんまりお前がこいしいので、たずねて来ましたよ。」
「まあ、それはそれは、ありがとうございました。さあ、どうぞこちらへ。」
 こう言ってすずめはおじいさんの手をとって、うちの中へ案内しました。
 すずめはおじいさんの前に手をついて…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko