えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

最後の丘
さいごのおか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1911(明治44)年1月11日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-02-25 / 2017-01-12
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


なつかしい丘の上、
棕呂の若葉のそよぎに、小鳥の唄。

傾むきつくす夕月も、
見る/\最後の接吻を残して、
深い々々、海のかなたへ
去らうとする、

なつかしい丘の上に、Kの君を持つ心よ!
夢を語るやうな春の風に
顫へる。

葉ずれの音に眼が狂へば、
西へ東に、足が動きだす………………
夫れと思ふ俤が、更に眼にとまらぬ。

胸を抱いて、若かい悲しみに沈む。
林の間に、夜の色が浮び出した。――

黒ろい怖ろしい影は
私の魂を厭し始める。

もう是れが私のKの君に対する最後だ!



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko