えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

まよわし
まよわし
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1911(明治44)年1月12日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-04-05 / 2017-03-11
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


わが思ふ女ありやなしや。
まよわしきかな。

夕暮の窓にもたれて、蒼白き息ふく
われも、またありやなしや。
あな、うたがわし。
蚊のなく声を、君がかなしき唄とや
きかむ。
柔風の木の葉にすがる、たわふれを、
君が鬢のほつれとやきかむ。

淋しき夕べの鐘もきこゆ。
森のかなた、君住む墓の頭りにや
あらむ。

今なり、われは独りさ迷ひゆかむ!
夕べの鐘をしたひて
その音に耳を静めて。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko