えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

烏の北斗七星
からすのほくとしちせい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「宮沢賢治全集8」 ちくま文庫、筑摩書房
1986(昭和61)年1月28日
初出「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」盛岡市杜陵出版部・東京光原社、1924(大正13)年12月1日
入力者土屋隆
校正者noriko saito
公開 / 更新2005-03-28 / 2014-09-18
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 つめたいいぢの悪い雲が、地べたにすれすれに垂れましたので、野はらは雪のあかりだか、日のあかりだか判らないやうになりました。
 烏の義勇艦隊は、その雲に圧しつけられて、しかたなくちよつとの間、亜鉛の板をひろげたやうな雪の田圃のうへに横にならんで仮泊といふことをやりました。
 どの艦もすこしも動きません。
 まつ黒くなめらかな烏の大尉、若い艦隊長もしやんと立つたまゝうごきません。
 からすの大監督はなほさらうごきもゆらぎもいたしません。からすの大監督は、もうずゐぶんの年老りです。眼が灰いろになつてしまつてゐますし、啼くとまるで悪い人形のやうにギイギイ云ひます。
 それですから、烏の年齢を見分ける法を知らない一人の子供が、いつか斯う云つたのでした。
「おい、この町には咽喉のこはれた烏が二疋ゐるんだよ。おい。」
 これはたしかに間違ひで、一疋しか居ませんでしたし、それも決してのどが壊れたのではなく、あんまり永い間、空で号令したために、すつかり声が錆びたのです。それですから烏の義勇艦隊は、その声をあらゆる音の中で一等だと思つてゐました。
 雪のうへに、仮泊といふことをやつてゐる烏の艦隊は、石ころのやうです。胡麻つぶのやうです。また望遠鏡でよくみると、大きなのや小さなのがあつて馬鈴薯のやうです。
 しかしだんだん夕方になりました。
 雲がやつと少し上の方にのぼりましたので、とにかく烏の飛ぶくらゐのすき間ができました。
 そこで大監督が息を切らして号令を掛けます。
「演習はじめいおいつ、出発」
 艦隊長烏の大尉が、まつさきにぱつと雪を叩きつけて飛びあがりました。烏の大尉の部下が十八隻、順々に飛びあがつて大尉に続いてきちんと間隔をとつて進みました。
 それから戦闘艦隊が三十二隻、次々に出発し、その次に大監督の大艦長が厳かに舞ひあがりました。
 そのときはもうまつ先の烏の大尉は、四へんほど空で螺旋を巻いてしまつて雲の鼻つ端まで行つて、そこからこんどはまつ直ぐに向ふの杜に進むところでした。
 二十九隻の巡洋艦、二十五隻の砲艦が、だんだんだんだん飛びあがりました。おしまひの二隻は、いつしよに出発しました。こゝらがどうも烏の軍隊の不規律なところです。
 烏の大尉は、杜のすぐ近くまで行つて、左に曲がりました。
 そのとき烏の大監督が、「大砲撃てつ。」と号令しました。
 艦隊は一斉に、があがあがあがあ、大砲をうちました。
 大砲をうつとき、片脚をぷんとうしろへ挙げる艦は、この前のニダナトラの戦役での負傷兵で、音がまだ脚の神経にひびくのです。
 さて、空を大きく四へん廻つたとき、大監督が、
「分れつ、解散」と云ひながら、列をはなれて杉の木の大監督官舎におりました。みんな列をほごしてじぶんの営舎に帰りました。
 烏の大尉は、けれども、すぐに自分の営舎に帰らないで、ひとり、西のはうのさいか…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko