えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

新らしき悲しみにうつる時
あたらしきかなしみにうつるとき
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1911(明治44)年1月13日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-05-15 / 2017-03-11
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


うら若かき日の悲しきあこかれ――
草葉の息吹きかへす甘き馨り、
艶はしき花の笑ひもながめて過ぎぬ。

木の間にさへずる鳥の歌をきく、
悲しみは眼を閉ぢて、暫時やすらひもせし。

されど、とく新らしき悲しみにうつりぬ。
何をもてこの闇を照らさむ。――
空を仰げば怖ろし…………

いざさらば、独り琉球節の一曲を、
口笛に、
うらやすき墓場のほとりにさ迷はむ。
そは音なき響きをきかむとや…………



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko