えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

あやしき楽の音
あやしきがくのね
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1911(明治44)年6月2日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-03-19 / 2017-01-20
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


かつて、きゝし折りなき楽の音!
今宵、心にしのび入る。

絃はわななき震ひ、
果ては――蒼き涙にむせぶ。

眼に見ゑず、心にとまるメロディよ!
知らず、深き迷ひにいらしむ。

吾れはなつかしき女の声とや聞き、
底なき闇の中、メロディの消ゆる処へ
しづまむ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko