えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

涙のアリバイ
なみだのアリバイ
副題――手先表情映画――
――てさきひょうじょうえいが――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「夢野久作全集3」 ちくま文庫、筑摩書房
1992(平成4)年8月24日
初出「猟奇」1928(昭和3)年11月号
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2005-09-29 / 2014-09-18
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

すべて無字幕、説明なしで、手だけを中心とし、その他の物体は、手の背景としてうつす。但、生きた人間の顔は絶対に取り入れぬこと。

     俳優登場

◇悪人の手……四十恰好の色の白い、指の長い、節の高い、青すじの走った毛ムクジャラ……。
……右の手の甲に大きな疵痕……。
……左の薬指に「槻田」と彫った巨大な認印つきの指環一個……。
……時々思い出したように、ねばっこい、ヒネクレたわななきを見せる……。
◇美人の手……綺麗な、スンナリとした、上品な中年増……。
……左の薬指に華奢なダイヤ入りと、エンゲージリングを一ツずつ……。
……優しい心のふるえを時々あらわす……。
●女中の手……真黒く、丸々と脂切った……。
……ダラリとした無神経……。
●探偵の手……三十前後の、黒くて、強そうな……。
……頭のよさをあらわすテキパキとした動き……。

     第一の場面

……贅沢な事務用机の中央の、椅子に接した三尺四方ばかり……。
……凝った文具いろいろ……。
……高雅な卓上電燈、写真立て、豆人形、一輪挿し、灰落しなぞをキチンと並べてある……。
……一隅の置時計は九時十五分を示している……。
……薄暗い窓あかりがさしている……。
……時々自動車のヘッドライトが窓硝子に近づいては消えて行く……。
◇悪人の手登場……卓上電燈のスイッチを捻り、あたりをパッと明るくする。
……………………手袋を脱いで机の上に放り出し、続いてシガーケース、財布、名刺入れ、ハンカチその他を投げ出し、両手を揉み合わせて疲れた表情……。
●女中の手登場……珈琲と、帝劇マチネーの案内状を机の上に置いて退場……。
◇悪人の手…………立ちながら珈琲を取り上げつつ案内状を見る。
……………………ペンを取り上げて同封の葉書の「出席」と印刷した下へ「槻田万策」と署名をして傍に置く。
……………………やがて椅子に腰を卸し、両手を机の平面にピタリと静止させ、あたりの様子を窺うこなし…………。
……………………電燈を消し、机の横から、大きなインキ瓶を取り出し、夕あかりに透かしつつ机の上のインキ瓶のインキを半分ばかり、大きな瓶へ注ぎ返しもとの位置に直す。
……………………今一度あたりの様子をうかがいつつ、左右のカフスの間、その他、衣服の各所から、宝石を抓み出して、一ツ一ツインキ瓶の中に沈めおわる。
……………………悦ばしげに両手を揉み合わせつつ電燈をつける。
●女中の手登場……『丸の内私立探偵局連水晃』と刷った名刺を主人の手に渡す。
◇悪人の手…………その名刺を裏返したりヒネクッタリして困惑した表情の後「こちらへお通し申せ」という手つきをする。
●女中の手…………恭しく握り合ったまま退場…………。
◇悪人の手…………女中が遠ざかるにつれてブルブルとふるえつつ、立ち上るこなし…………名刺を握り潰そうとして、又ハッと吾にか…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko