えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

超人鬚野博士
ちょうじんひげのはかせ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「夢野久作全集5」 ちくま文庫、筑摩書房
1991(平成3)年12月4日
入力者柴田卓治
校正者かとうかおり
公開 / 更新2000-12-06 / 2014-09-17
長さの目安約 120 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     吾輩のこと

 ……何だ……吾輩の身上話を速記にして雑誌に掲載するから話せ……と云うのか。
 フウム。それは話さん事もないが、しかし、選りに選って又、吾輩みたいなルンペン紳士……乞食と泥棒の間の子みたいな奴の話を、雑誌に公表する必要がドコにあるのかね。吾輩以上に立派な地位あり、名誉ある人間が、天の星の如く、地の砂の如く天下に充満しているではないか。そんな奴とは正反対に、どこにでも寝る、何でも着る、何でも喰う、地位とか、家柄とか、人格とかいうものが一つも無い点に於いて天下広しと雖も、吾輩ぐらい不名誉な人間は無いだろう。そんな薄見っともない人間の話が問題になるのかね一体……エエ……何だと……?
 しかし吾輩はソンナにも有名なのかノー……。
 フーム。有名にも何にも「鬚野博士」の名前を知らない者は日本中にタダの一人も居ない。吾輩が日本に存在しているために英国も、米国も、露西亜も、日本に挑戦し得ないでいる。日露戦争以後に吾輩がドンナ科学的の発明を日本の軍部に提供して、ドンナ新鋭の武器を内々で取揃えさしているか判明らないから……成る程のう……それは事実だ。毛唐の奴等もよく知っとるのう。日露戦争の時にヨッポド懲りたと見えてアラユル密偵を使って吾輩の身辺を探らせているらしいてや。事によると現在、海軍で作りよる一人乗、魚形水雷ボートが吾輩の発明である事を探り出しとるかも知れんのう。ナアニ、饒舌っても大丈夫だよ。毛唐が真似して作っても乗る奴が一匹も居る気遣いがないし、防禦の方法が全く無いんだからね。時速百二十節、航続距離二万海里と云ったら大抵わかるだろう。その動力が問題なんだからね。その動力が将来の日本軍のタンク、飛行機に十倍以上の能率を上げさせるんだから恐ろしいだろう。日本国民たるもの枕を高うして可なりだ。つまり吾輩の人格が、全人類を押え付けている……吾輩が、こうしてボロマントを着て、ハキダメから拾った片チンバの護謨靴を引きずって、往来をウロウロしている限り世界の外交界はこの「鬚野房吉博士」の存在を無視する訳に行かんと考えている……吾輩を目して新興日本のマスコット……松岡全権以上の偉人として恐れ戦いていると云うのか……。
 アッハッハッハッハッ……宜しい。大いに宜しい。気に入ったぞ。それでは一つ吾輩の正体を明らかにして全世界三十億の蛆虫共をパンクさせてくれるかな。とにかく向うの草原へ行こう。あの大きな土管の中で話そう。イヤイヤ。原稿料なんか一文も要らん。上等の日本酒と海苔と醤油があれば宜しい。鮠の生乾が好きなんだが、コイツはちょっと無かろうて……。

     感化院脱出

 世間の奴はよく吾輩をキチガイキチガイというが、その位のことはチャンと考えているんだよ。吾輩の過去といったって極めて簡単だ。両親の名前や顔は勿論のことそんなものが居たか居なかったかすら知らない…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko