えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

軽井沢で
かるいざわで
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「芥川龍之介全集 第四巻」 筑摩書房
1971(昭和46)年6月5日
入力者j.utiyama
校正者j.utiyama
公開 / 更新1999-02-15 / 2014-09-17
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 黒馬に風景が映つてゐる。
     ×
 朝のパンを石竹の花と一しよに食はう。
     ×
 この一群の天使たちは蓄音機のレコオドを翼にしてゐる。
     ×
 町はづれに栗の木が一本。その下にインクがこぼれてゐる。
     ×
 青い山をひつ掻いて見給へ。石鹸が幾つもころげ出すだらう。
     ×
 英字新聞には黄瓜を包め。
     ×
 誰かあのホテルに蜂蜜を塗つてゐる。
     ×
 M夫人――舌の上に蝶が眠つてゐる。
     ×
 Fさん――額の毛が乞食をしてゐる。
     ×
 Oさん――あの口髭は駝鳥の羽根だらう。
     ×
 詩人S・Mの言葉――芒の穂は毛皮だね。
     ×
 或牧師の顔――臍!
     ×
 レエスやナプキンの中へずり落ちる道。
     ×
 碓氷山上の月、――月にもかすかに苔が生えてゐる。
     ×
 H老夫人の死、――霧は仏蘭西の幽霊に似てゐる。
     ×
 馬蝿は水星にも群つて行つた。
     ×
 ハムモツクを額に感じるうるささ。
     ×
 雷は胡椒よりも辛い。
     ×
「巨人の椅子」と云う岩のある山、――瞬かない顔が一つ見える。
     ×
 あの家は桃色の歯齦をしてゐる。
     ×
 羊の肉には羊歯の葉を添へ給へ。
     ×
 さやうなら。手風琴の町、さようなら、僕の抒情詩時代。
(大正十四年稿)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko