えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

大阪を歩く
おおさかをあるく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「直木三十五作品集」 文藝春秋
1989(平成元)年2月15日
入力者小林繁雄、門田裕志
校正者鈴木厚司
公開 / 更新2007-03-19 / 2014-09-21
長さの目安約 67 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

  大大阪小唄

直木三十五作歌

一、大君の
  船着けましき、難波碕
   「ダム」は粋よ、伊達姿、
    君に似たかよ、冷たさは、
     黄昏時の水の色、
      大阪よいとこ、水の都市
二、高き屋に
  登りて、見れば、煙立つ、
    都市の心臓か、熔鉱炉
     燃ゆる焔は、吾が想い
      君の手匙で、御意のまま
       大阪よいとこ、富の都市
三、近松の
  昔話か、色姿
   酒場の手管は、ネオンサイン
     青と赤との、媚態
       断髪のエロも、うれしかろ
        大阪よいとこ、色の都市
四、太閤の
  浪華の夢は、夢なれど、
   タキシーの渦と、人の波
    大大阪の横顔に
     そっと、与えた、投げ接吻
      大阪よいとこ、都市の都市
[#改ページ]

  大阪を歩く


  大阪と私

 私の父は、今でも、大阪に住んでいる。南区内安堂寺町二丁目という所で、誰が、何う探したって判らない位の小さい所――四畳半と、二畳との穴の中で、土蜘蛛のように眼を光らしている。
 多分、六十年乃至、七十年位は住んでいるのであろう。私が、母親の臍の穴から、何んな所へ生れるのだろうかしらと、覗いた時にも、その位の、小さな家に住んでいた。そして、今と同じように、苦い顔をしている(親爺の面というものは、大体、苦くって、いつでも、最近と同じ齢をしている。しばしば父の若い時の顔を想像するが、これ位困難なことは無い)。
 私が、東京へ来い、と、云っても母親だけを寄越して、何うしても動かない。あんな、蚤の家のような所でも、住み慣れるといいのかもしれない(尤も、私の生れた、も一つの小さい家は、谷町六丁目交叉点の、電車線路になってしまっている。これは、大層悲しい事実だ)。
 然し、もっとよく考えると、父は、家よりも、大阪がすきなのらしい。「東京はあかん」と、東京へくると、私の家の前へ出て、五分程立ってみて「あかん」と、云って帰ってしまう。何故、あかん、のか、父の観察と、私の哲学とは少し距離がありすぎるし、父の耳が遠いから、聞いた事はない。
 私は、その父の伜であるが五年前までは、未だ、大阪が嫌いであった。大阪も、父もあかんと思うていた。二十年前、私が、文学へ志を立てた時、大阪も、父も、私に賛成してくれなかったからである。
 尋常小学校は、桃園を、高等小学校は、育英第一を(この三年時分から、先生に反抗するのを憶えた)、中学は、市岡を(ここで、物理の大砲という綽名の先生が、私を社会主義者だと云った。その時分の社会主義者という名は、今の共産党員以上の危険さを示していたから、余程、悪童であったにちがいない)。
 それから、大阪は、あかん、と東京へ行った。今年は、私は、三十五だから(去年も、確三十五だった。来年も、多分そうだろ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko