えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

妄動
もうどう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「三田文学」 三田文学会
1913(大正2)年5月号
入力者武田秀男
校正者門田裕志
公開 / 更新2003-02-12 / 2014-09-17
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

    ×

われは曙にさまよふ影なり、
亡びんとする或物なり、
亡ぶるを否み難きものなり。
われは珊瑚の色したる灰なり、
暮れゆく春の竈場なり。

われは自ら憐んで描きぬ、
わななきて氷の上に傾く焚火を。
おお、この崩れ落つる火の傷ましさ、
熱もなく、音もなく、寄る人もなく…………
唯はかなげに、青みつつ薄赤し。

    ×

わが行手こそ闇なれ、真冬なれ、
あまたの児を伴れし乞丐の孤独なれ。
苦痛へ、苦痛へ、氷の路へ…………
「生」の嵐は無残の爪を垂れて我に掴みかかる。

我は常に臨終の如く呼吸ぐるし、
高く悲鳴し得ざる所以なり。
はた、我は報復を想はず、
怨むべき標的をさへ失ひしかば。

ただ恃むは、わが瞳猶光れり、
水の底の黄金の如く。
また恃むは、我に抗ふ力残れり、
負傷ひし獣も猶その角を敵に向くる如く。

やはか、我を棄てじ、
生き得る限り生きん、生返らん。
恥辱も寧ろ我命を刺激する酒となり、
老も却てわが明日の糧とならん。

我は、かよわく、蒼白き全身を露出し、
前に倒れし人人の血にのめりつつ進む。
苦痛へ、苦痛へ、闇の路へ…………
我は、かの「虚無」に融け得ざれば。

    ×

ゐざりよ、ゐざり、ことことと、
ゐざり車を漕ぐゐざり。
往来の多い街中の
しき石路や、ぬかる路、
雨のふる日も晴れた日も、
樫を削つた木の片を、
堅い二つの櫂にして、
強い駱駝が根気よく
長い沙漠を行くやうに、
醜い風姿を日に曝し、
そことめあては無いながら、
亀の歩みを続けてく。

ゐざりよ、ゐざり、ことことと、
ゐざり車を漕ぐゐざり。
彼れは素性も生国も
とくの昔に忘れてる。
青い額に、どして、また
生れた日なんか思ひ出そ。
黒い苛酷な宿命の
悪病ゆゑに身は腐り、
親きやうだいに捨てられて
唯もう常に飢ゑてゐる。
以前は人を怨んだが、
そんな余裕も今は無い。

ゐざりよ、ゐざり、ことことと、
ゐざり車を漕ぐゐざり。
その淋しそな、単調な
車の音に合せつつ、
痺れた口を張りだして
断えず歌ふは歌でない、
慰めがたいたましひが
爛れた肉を噛み裂いて
おのが黒血を啜り上げ、
唯くるしさと、ひもじさを
刹那々々に投げ出だす
荒い、短い、呻きごゑ。

ゐざりよ、ゐざり、ことことと、
ゐざり車を漕ぐゐざり。
すべて忙しい世の中に
乞食の歌を誰が聞かう。
路ゆく人は目を反せ、
おまはりさんは叱り飛ばし、
わんぱくどもは石を投げ、
馬車、自動車は脅かす。
華奢な街家を外に見て、
地にへばりつく憂き身には、
風も邪慳に吹きつける、
雨もはげしく降りかかる。

ゐざりよ、ゐざり、ことことと、
ゐざり車を漕ぐゐざり。
大川端をあるく時、
彼れは折々おもひつめ、
いつそ死のかと、楽しそに
水をば覗くこともある。
しかし、木賃の片隅に、
彼れの子供が待つことを、
思ひだしては、曇つて…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko