えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

失楽
しつらく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「太陽」 博文堂
1913(大正2)年6月号
入力者武田秀男
校正者門田裕志
公開 / 更新2003-02-12 / 2014-09-17
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




わが上に一切の事物を示す「失楽」よ、
過ぎゆく日の最後なる今日の「失楽」よ、
わが身の上の「失楽」よ、我は汝に叫ぶ、
「全く空し」と。
我は幽欝なる汝の栖所に圧込められ、
我は其処に、粛索と飢渇との苦を続く。
何物も好からず、何物も最後まで期待せし所に値せず。
かくて、我は、今、汝の抱緊の下に死なんとす、
悔も無く、望も無く、怖るる所も無く。

無し、無し、一の叫びも無し、一の戦慄も無し。
最後の頼みとせしわが「愛」さへ喘げる負傷者なり。
他の、最後のわが神は青白き其額を包む、
そは「夜」なり、陰森として眠を誘ふ「夜」なり。
かくて、我は夢に落ちゆく。「生」とは何たるみすぼらしき語ぞ。
寥廓の不動なる路彼れを塞ぎ、
暗き地牢の底に其力を涸しながら、
昏睡せる人の無感覚こそやがて其「生」なれ。

ああ、自信と、期待と、愛とは、
轢りつつ、幸福を砕き去る荒砥ならず。
生くる欲、物の欲、恐怖、
少くも、気永に地を貪り食ふ植物の如き、
勇猛に竪実なる生活。
然れども、無し、無し、「虚無」が其欝憂をさまよはす、
荒廃したる大歩廊の外、何物も無し。
かくて此失楽の中に猶蠕動く……大馬鹿者よ。
    ○
貴なる女君よ、なつかしき身振もて、
開けたまへ、いとも輝かしき台の新しき帷を。
そは、かずかずの薔薇の打顫ふいみじき花の姿を
いと疾く我等に観せしめ給ふため。
また許したまへ、此処にあるそこばくの歌を、
節会の日に喜び狂ふ学生等の如く、
君があたりに捧ぐることを。
さて、如何に、気上りたる動音の
君が秀れし詩才を称ふることよ。
君は常にときめく韻をもて歎きながら
わななく熱き胸を語り給ふとこそ覚ゆれ
さて、また、楯形の菫の花なる君が目は
常に涙さしぐみつついますならめ。
    ○
来りぬ、わがかひなの中に。さて共に身を忘れぬ。
開けかし、美くしき歯に満ちし君が口を。
わが舌は穿ち入る。
さながら君が心を舐るここちに。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko