えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

“MONICO”
モニコ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「スバル」 昴発行所
1912(明治45)年4月号
入力者武田秀男
校正者門田裕志
公開 / 更新2003-02-12 / 2014-09-17
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




MONICO ! MONICO ! TR[#挿絵]S JOLIIE !
今夜もモニコで飲み明そ。
派手な巴里に住みながら、
MONMARTORE に住みながら、
一人で寝るのも気が利かぬ。

おお、行く程に、さる程に、
人をば促る火の明り。
赤い嵐がそよそよと
恋に焦れて吹くやうな
扇の形の火の明り。

合せ鏡の中にある
曲れる、曲れる、梯子段、
一段のぼればよろよろと、
二段のぼれば恐らくは
生きて帰らぬ「夢」の塔。

二時を過ぎたる真夜中も、
此処は SABBAT のまつさかり。
土耳古、仏蘭西、西班牙、
意気な BASSE に CASTAGNETTE、
RYTHMES D'AMOUR' しよんがいな。
赤い裾の踊子、
あれ、まんまろく拡がれば
時を択ばぬ花が咲き、
黄金と、紫金と、銀の
虹をば飜すあの上衣。

そこの隅ではひそひそと
ちょいと此間に一 BAISER。
見て見ぬ振のてれかくし、
前の杯を軽く取る
此処のみじめな VERLAINE

とまどひしたか、UNE BEAUT[#挿絵]、
たとへ虚偽でも、浮気でも、
わたしの膝にのしかかり、
甘い煙草の口うつし、
どうして其れが憎からう。

霰、霰、真赤な霰、
カスタネツトの降るままに、
執つて、抱へて、引くままに、
吸ひつく様な、飛ぶ様な
とろける様な一踊り。
(一九一二年三月七日の夜巴里にて)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko