えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ある遊郭での出来事
あるゆうかくでのできごと
副題公娼存廃論者への参考資料としての実例
こうしょうそんぱいろんじゃへのさんこうしりょうとしてのじつれい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「空にむかひて」 武蔵野書房
2001(平成13)年1月21日
初出「婦人公論 第十年八号」中央公論社、1925(大正14)年8月1日
入力者林幸雄
校正者小林徹
公開 / 更新2001-03-19 / 2014-09-17
長さの目安約 12 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

1 大泥棒の客

 ある晩、F楼の亭主が隣家のH楼の電話を借りにいった。
 Fにも電話があるのに自分の処へ借りに来たものだから、H楼の亭主は何事かと思って、
『お宅の電話は、どうかしましたか?』
 と訊いた。
『ナニ、警察へちょっと……野郎感づくと遁がしちまうから……』
 F楼の亭主はそういいながら電話室へ入ると、じきに電話を切って出て来たが、馴れ切った中にも、流石に異常な緊張を見せてそそくさと出ていった。
 それからすぐにH楼の亭主も、帯をぐっと締めなおして仲間の義理からF楼の帳場へ出掛けていった。
 すると間もなく警察から私服の刑事がドヤドヤF楼の店へ入っていった。
 刑事の一人が二階へ上がると、他の二人は階段の下で待っていた。
 今にも階上で格闘が始まり、凄い物音の起こるであろう事を予期して、階下では皆身構えて固唾を嚥んでいた。
 およそ十分許りも静かに時が経過した。
 すると張りあいがない、ノッシ、ノッシと階段を下りて来た大男は、観念してるもののように平静に階下の刑事と面接した。
 男の皮膚は赤銅色をして大きい目鼻は怪鳥のような凄みを持った、馬鹿にのっぽな、カインの末裔を思わせるような人間だった。身には少年の着物のようにゆきたけの短い紺絣の筒袖を着ている。
 その背後から刑事と二人で下りて来たのは、買われた娼妓の九重だった。
 蒼ざめた、然し思い詰めた表情をして、彼女は階段の下に立っていた。
 客と刑事とは二三何か問答をして、腰縄を客に打って、一同は店の土間へ降りようとした。降りかけて客は九重の方を顧み、眼で刑事に哀願してから、また九重の傍に戻って来た。男は九重の首を抱き込むようにして、彼女の耳に何事をかささやいた[#「ささやいた」は底本では「さささやいた」]。
 彼女は身を縮めて、耳を掩うように手を当て眼を閉じていた。
 男は前科五犯という強竊盗でこの近郊の産であった。近頃何かの罪で、県下の各警察が捜していた犯人なので、その九重に別れる際いい置いた事は、
『おまえに預けた短刀の事は、決して口外してはならぬぞ、もし口外してくれる時は、必ず出獄後に返礼をする』
 そんな意味の事だったが、彼女はすぐにそれを立派に口外してしまったばかりか、短刀は警察の手へ渡して、ほっと息をついた。
 然しその男の出獄まで、幸いにも彼女は年期が開けて足を洗う事ができたからよかった。

 それからその遊郭に二三年の月日が流れた。F楼からひかれて投獄された彼の男は、再びこの社会に放たれたのだった。
 来て見るとF楼には九重はいなかったが、その隣のH楼に、九重の妹のみどりという女がいた。
 この両女は福島地方の農村から、親兄弟の為に売られて来たものだった。
 姉妹とも取りたてていう程の美人では勿論ない、けれどもどちらも共通したセンジュアルな容貌の持ち主だった。
 そのH楼のみどり…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko