えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

罠を跳び越える女
わなをとびこえるおんな
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・23 婦人作家集(三)」 新日本出版社
1987(昭和62)年11月30日
入力者林幸雄
校正者染川隆俊
公開 / 更新2001-06-28 / 2014-09-17
長さの目安約 13 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 三階利札室は銃声のない戦場だ。
 凄じい誰かの咳、猛烈な紙埃、白粉の鬱陶しい香いと捌口のない炭酸瓦斯の匍匐、
 拇指と人差指の多忙な債券調査、海綿の音高い悲鳴、野蛮な響きを撒きちらす鋏、撥ね返るスタンプ、※[#「口+盧」、461-上-6]、ナンバアリングの律動的な活動、騒々しい帳薄の開閉、大仰な溜息、金額を叫ぶソプラノ、算盤の激しい火花、ペン先きの競争的な流れ、それを追いかける吸い取り紙……

「ねえ、貸付けへすごいのが這入ったわ。見て? ナ[#挿絵]アロ型のシャンよ……」
「そう。昼休みに見てこう。」
「あら、私もね。」
「桂子さんが慌ててるよ。チェッだ。」
「ハッハッハッハッ……」
 笑い声が帯紙を吹きとばす。

「……こんな恰好の青い瓶に入ってるの。」
 利札を切りかけで、真白になったテーブルの紙埃を掻き分けて、人差指が熱心に動いている。
「フン、ほんとに利くかしら?」
「それァね。一寸値が張るけど。でもね、余り使い過ぎるとほんとの***になっちゃうって……」
「加減しなきゃ駄目ね。」

「で、あんたその男にまいっちゃってるんでしょ?」
「とてもよ。そいでね、私、昨日逢った時思い切って云ってやったの。――私、あんたがとても好きなんです、ってね。その後が勇敢よ。接吻しちゃったんだもの。」
「あんたがその人に?」
「もち、愕いた?」
「別に……」

「じゃこの次は何時にしましょうか、あんたの都合は?」
「そうね、次の日曜にでもみんなに集まって頂いたら。余り長びくと折角の気が脱けてしまうわ、それに、もう基礎工事もすんだからこれから人をまとめるのが目的でしょう、その意味でも、なる可くチャンスを見付けて集まる工夫をしなくちゃね。今日中に連絡をとって、みんなに知らせておきましょうね、あんた、調査や庶務の方を受持って下さる?」
「ええ、いいわ、……一階の給仕があんたを呼んでるわよ。ほら……」
「何かしら?」
 ひそめた眉をその儘、槇子は椅子を立ち上った。
「ああ貴方前川さんですか、あのね、部長がお呼びですよ。」
 男の声に愕いて、いろンな眼が振り返る。
「じやァね。直ぐですよ。」
「ええ……」
 失望した顔が一ツ一ツ元の位置へ戻っていった。
「何用かしら?」
 テーブルの利札を整理し乍ら、槇子は首を傾けた。
「部長の呼び出しなんて……」
 祥子は、債券の額面をグット睨んで、「もしかしたら、感付かれたんじやない?」
「此処でやってる運動のこと? まさか、そんなことじゃァないわ。だったとしたら、どんな方法で……」
「ともかく……これ……」
 祥子の拳が唇へ大きな栓をした。
「フん。」
 槇子は強い合点をすると、その儘相手へ背をみせてドアを出て行った。
 人気のない廊下を草履がパタパタ反響していく。
 ――若しこの呼び出しが警戒に価するものなら……
 エレヴェタアに乗っ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko