えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

楽しいソヴェトの子供
たのしいソヴェトのこども
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第九巻」 新日本出版社
1980(昭和55)年9月20日
初出「女人芸術」1931(昭和6)年3月号
入力者柴田卓治
校正者米田進
公開 / 更新2002-11-15 / 2014-09-17
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ――ミーチャ、さあ早く顔あらっといで!
 お母さんは、テーブルの前へ立ってパンを切りながら、六つの息子のミーチャに云った。
 ――もうすぐお茶だよ。
 父さんは、朝日がキラキラ照る窓ぎわへ腰かけて、昨夜工合がわるかったラジオを熱心に直している。ミーチャは口をあけてそれを見物してたところだ。
 ミーチャは、風呂場へ行った。水道栓のわきに、低くミーチャの手拭と歯ブラシとがぶら下ってる。ミーチャは真面目くさった様子で、ちゃんと歯ブラシを上下につかって歯を洗った。
 こういう風に低く自分の歯ブラシや手拭を風呂場へぶら下げとくことは、ミーチャにとって大得意だ。ミーチャがもっとずっと小ちゃかったとき、母さんがつとめている工場の托児所へ毎日連れていってた。やっぱり今と同じに、その時分も母さんが朝ミーチャを托児所まで送ってくれた。電車はいつだって一杯だったけれど、ミーチャと母さんは平気だ。何故なら、ソヴェトでは子供と母さんだけは電車の運転手台からのっていいんだから。その托児所で、ミーチャはほかの多勢の女の児や男の児と一緒に、朝起きたら歯をみがくこと、御飯の前にはきっと手を洗うこと、自分たちで遊んだオモチャは自分たちで、あと片づけすることなどを覚えた。そこでは、白い上被を着た保母さんがいて、御飯の世話をやき、少し大きくなったら、御飯のあとでアルミニュームのお皿を洗うことも教えてくれた。
 ――フフフフフ。
 ミーチャは、歯みがき粉のアブクを口から垂らしながら思い出し笑いをした。
 あすこに「赤い毛のワロージャ」とあだ名のあるいたずらっ児がいた。いつだったか、ポケットへ二十日鼠を入れて来た。女の児をそれでおどかしては泣かせて面白がってた。すると思いがけず白い上被の小母さんが「赤い毛のワロージャ」に、
 ――ワロージャ、お前ポケットに何いれてるの?
ときいた。ワロージャのやつ! 目玉キョロキョロさせてミーチャや女の児の方を見ながら、
 ――巻パンが入ってる。
と云った。
 ――そう、じゃ一寸見せて頂戴。
 ワロージャのポケットへ小母さんが手を入れて、引き出したのは勿論例の二十日鼠だ。ワロージャは、自然の赤い毛よりもっと赤い顔して、身動きもしないで目玉ばっかり動かしてる。ミーチャは笑いたいようだし、小母さんがこわいようだし、矢張り身動きもしないで、二十日鼠の尻尾をぶら下げた小母さんを見つめてた。
 ――ワロージャ、変だね。お前巻パンを入れといたというのに、これは二十日鼠だね。
 ワロージャがうんともすんとも云えないうちに、
 ――ナターリヤ・イワーノヴナ! ワロージャはそれに私を噛ませようとしたんです!
 短いお下髪のアニューシャが、ワロージャを睨みつけながら泣き声を出して云いつけた。
 ――よろしい、よろしい。
 白い上被のナターリヤ・イワーノヴナは、ワロージャに云った。
 ―…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko