えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

奎吉
けいきち
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「梶井基次郎全集 第一巻」 筑摩書房
1999(平成11)年11月10日
入力者高柳典子
校正者小林繁雄
公開 / 更新2002-12-03 / 2014-09-17
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「たうとう弟にまで金を借りる樣になつたかなあ。」と奎吉は、一度思ひついたら最後の後悔の幕迄行つて見なければ得心の出來なくなる、いつもの彼の盲目的な欲望がむらむらと高まつて來るのを感じながら思つた。
 彼にとつてはもうこうなればその醜い欲望が勝を占めてしまふに違ひなかつた。彼は彼で祕かにそれを見越して、それを拒否する意志の働くのを斷念する傾きが出來てゐたのだつた。
 彼は今金がつかんで見度くて堪らないのであつた。然し正當の手段でそれをこしらへるめどは周圍のどこにもなかつた。
 彼は兩親から金を持つことを許されてゐないのであつた。どうして奎吉がそんな破目になつたかと云へば、それは彼の樣な性格の人間には當然な經緯の結果なのである。
 ――彼は二度續けて落第したため、最近迄籍をおいてゐた高等學校を追はれた。
 あらゆる徳目と兩立しない欲望が、又しても又しても彼のちつぽけな意志を押し流した。彼の理想や彼の兩親の願望の忠臣である彼の意志なるものはあまりに弱かつたのである。彼はその度に後悔し誓つた。然し回を重ねるにつれて、放埒の度は段々はげしくなつた。結局彼は引き摺られる所まで引き摺つてゆかれたのだ。――そして彼は學校を追はれたのだつた。
「お父さんも今度といふ今度は本當に慍つてゐらつしやる。」と奎吉は母に云ひきかされた。
「お前の心が改まつたとわかるまで家へ置いてお小遣をやらないと云つてるからお前もその積りでゐなさい。それから將來の身の振方も考えてお置き、家ではもう學校へはやらない積りでゐるから。」奎吉は然し「はい。」とは返事が出來なかつた。が、彼の自由になる金が途絶えた生活は續けられて行つた。
 然し彼はそろそろ金が欲しくなつて來た。彼は毎日散歩と稱して、息詰る樣な家の空氣から逃れ出た。然し金を持たずに街を歩くのは彼の憂鬱を増させるばかりであつた。
 そしてその生活の二十日目程にあたる今日といふ今日は金のことばかりで思ひわづらつてゐた。賣つたり質屋へ持つてゆくものは何一つ見當らなかつた。あつても到底五十錢銀貨一枚つかめそうになかつた。そして最後に弟の貯金のことに不圖氣がついた時、彼はもう矢も楯もたまらなくなつた。
 非常に卑しいことだと心に否定しながらもその欲望に身を委せてしまふ時、人はこの奎吉の樣な感じを抱くのであらうか。何にせよ奎吉はそのとき變な感じを經驗したのである。それは單に感じに止まつてゐたのであつて、何らの成心も必然其處に働いてゐたのではない樣であるが、私は其處に人間が自分の卑しさを庇はふとする意志が、感ぜられないながらも働いてゐるのではないかと思ふ。事實それは(せめてこの感じがする樣なら俺も眞から卑しくはないのだ)と自分自身に斷りを云ふことが出來るその證據になるのだから。
 兔に角奎吉がその堪らなく嫌なことをやらうとした時、(いよいよ俺はやるな。)――何…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko