えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

遺言状・遺族善後策
ゆいごんじょう・いぞくぜんごさく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「平凡・私は懐疑派だ」 講談社 講談社文芸文庫
1997(平成9)年12月10日第1刷発行
入力者砂場清隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2002-10-12 / 2014-09-17
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




     遺言状

一 余死せば朝日新聞社より多少の涙金渡るべし
一 此金を受取りたる時は年齢に拘らず平均に六人の家族に頭割りにすべし例せば社より六百円渡りたる時は頭割にして一人の所得百円となる計算也
一 此分配法ニ異議ありとも変更を許さず
右之通
明治四十二年三月二十二日 露都病院にて
長谷川辰之助
長谷川静子殿
長谷川柳子殿


     遺族善後策

これは遺言ではなけれど余死したる跡にて家族の者差当り自分の処分に迷うべし仍て余の意見を左に記す
一 玄太郎せつの両人は即時学校をやめ奉公に出ずべし
一 母上は後藤家の厄介にならせらるるを順当とす
一 玄太郎、せつの所得金は母上の保管を乞うべし
一 富継健三の養育は柳子殿ニ頼む
一 柳子殿は両人を連れて実家へ帰らるべし
一 富継健三の所得金は柳子殿に於て保管あるべし
一 柳子殿は時機を見て再婚然るべし
 一時の感情に任せ前後の考もなく薙髪などするは愚の極なり忘れてもさる軽挙を為すべからず


えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko