えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

三角と四角
さんかくとしかく
著者
文字遣いその他
底本 「日本児童文学名作集(上)」 岩波文庫、岩波書店
1994(平成6)年2月16日
入力者hongming
校正者門田裕志
公開 / 更新2001-12-22 / 2014-09-17
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 数学の中に幾何というものがある。幾何を学ぶにわ、是非とも定木が入る。その定木の中に、三角定木というのがある。――これわ大方諸君も御存じでしょう。
 ところがこの三角定木、自分の体にわ、三方に尖った角のあるのを、大層自慢に致し、世間に品も多いが、乃公ほど角のあるものわあるまい、角にかけてわ乃公が一番だと、たった三つよりない角を、酷く鼻にかけておりました。
 すると或る日、同じ机の上にあった鉛筆が来ていうにわ、
(筆)三角さん三角さん、お前わ平常から大層その角を自慢しているし、私らもまたお前ほど角の多いものわないと思っていたが、この間来た画板を見たかイ。あれわお前よりまた角が多いぜ。
と、いいますから、三角わ少し不平の顔色で、
(三)ナニ僕より角の多い奴がおる。馬鹿いい給うな。凡そ世界わ広しといえども、僕より余計に角を持た奴わないはずだ。
(筆)ところがあるから仕方がない。
(三)ナニそれわ君達の眼が如何かしてるのだ。
(筆)ナニ如何も仕てるものか、嘘だと思うなら行て見給え!
(三)そんなら行て見よう。嘘だったら承知しないよ。
(筆)いいとも嘘なら首でもやるワ。
と、これから連れ立って行て見ますと、なるほど画板わ真ッ四角で、自分よりわ一角多く、しかも今まで自分を褒めていた連中が、今でわみんな画板の方ばかり向いて、頻りにその角を褒めている様子です。
(筆)どうだイ嘘じゃあるまい。
(三)なるほど此奴わ恐れ入た。
と、さすがの三角定木も、こうなると頭を掻くより他わありません。大いに面目を失いましたが、しかし心の中でわ、まだ負惜しみという奴があって、おのれ生意気な画板め、余計な角を持て来やがって、よくも乃公に赤恥をかかせやがったな。どうするか覚えていろと、果わ悔しまぎれに良くない了簡を起しました。
 で、そのまま帰ると、直ぐに近所の鋏の処え参り、
(三)鋏君、申兼たが今夜一ト晩、君の体を貸してくれまいか。
 鋏わこれを聞いて、
(鋏)なるほど、次第によってわ貸すまいものでもないが、一体何を切るのだ。
(三)ちっと硬いものを切りたいのだが、よく切れるかイ。
(鋏)大抵なものなら切て見せるが、それでも六かしいと思うならまア一遍磨いで行くさ。
(三)そうか、そんなら磨がしてくれたまえ。痛かろうけども頼まれたが因果だ、ちっとの間辛抱頼む。
と、これから三角定木わ、件んの鋏をば磨ぎ立てまして、もうこれならば大丈夫と、その日の暮れるのを、今か今かと待ちかまえておりました。
 その中に日も暮れて、夜も更けて、四隣も寝静まったと思う頃、三角定木わムクムクと床を出て例の鋏をば小脇にかかえ、さし足ぬき足で、彼の画板の寝ている処え、そっと忍んで参りました。
 見ると画板わ、前後も知らぬ高鼾で、さも心持快さそうに寝ておりますから、〆めた! おのれ画板め、今乃公が貴様の角を、残らず取り払って…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko