えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

その人らしい人が好き
そのひとらしいひとがすき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十七巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年3月20日
初出「婦人界」1922(大正11)年4月号
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2003-11-09 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 美とか、醜とかいうことは一様には云われません。美しいと思うのは容姿美ということより、その人から受ける感じに依って云われるものだと思います。
 私は何よりも凡ての感じから観て「その人らしい」という人がいいと思います。たいして美人でなくとも、さっぱりとした感じの人が綺麗に見えます。外から塗りつけたような技巧の上の美よりも、自然に現れた個性美と云うものの方が、どんなにか美しく思われます。私はその人自身の個性美を尊みます。そして生々とした内から生れる溌溂とした感じを与える人が好きです。例えば前田波子さんのような、いかにも彼の方らしいという感じの方が好いと思います。
 美というものから云えば、西洋の婦人は服装や、その他いろいろな調和から変化があると思います。顔の感じなども帽子の形などに依って随分美しく見えるものです。取りたてて醜い人という感じもあまり受けませんが、婦人の美しさは、自然の感じを害ねない、つまりつくらない美がよいと云うことより外ありません。
〔一九二二年四月〕



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko