えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

東西問答
とうざいもんどう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」 筑摩書房
1971(昭和46)年6月5日
入力者土屋隆
校正者松永正敏
公開 / 更新2007-08-09 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

問 現代の作家に就いて、比較上の問題ですが、東洋種と西洋種とに区別したら如何なものでせうか。
答 それは東洋種と西洋種とに分けられるかも知れない。けれども多少の西洋種を交へて居ないものは殆んどないと云つてもいいだらう。たとへば久保田万太郎君なぞは、純日本種の作家のやうに思はれて居るが、久保田君の小説には、プロロオグと横文字に題を書いたのがある。勿論作品そのものの中にも、多分に三田文学流の西洋種を交へて居る。先づ比較的西洋種を交へない作家と云へば、徳田秋声氏位のものだらうと思ふ。
問 葛西善蔵氏はどうですか。
答 葛西善蔵氏も、西洋種の交りは少いと思ふ。
問 それでは、東洋種の作家の作品の要素をお伺ひしたいのです。
答 それは難問だね。ここに云ふ東洋種と云ふ意味は、西洋種の交つて居ないと云ふ事だ。即ち消極的に云つたものに過ぎない。それを積極的にどう云ふ特色のあるものが、東洋種になるかと云ふ事になると、三考も四考もしなければならない。それはお互ひに面倒だし、まあ見合せる事にしよう。ただ徳田秋声氏や葛西善蔵氏の作品には、官能的にも思想的にも、西洋人にかぶれたと云ふ痕跡が少い。それ丈けは安全に云ひ得られるかと思ふ。

     ×

問 風流に就いて御意見を。
答 風流と云ふ事をどう解釈するかは、文人墨客の風流は、先づ日永の遊戯である。南画南画と云ふけれど、二三の天才をのぞいた外は、大部分下らないものと云つて差支へない。僕はああ云ふ風流を弄びたくない。僕の尊敬する東洋趣味は、(前の東洋種と混合してはいけない)人麻呂の歌を生み、玉[#挿絵]の蘭を生み、芭蕉の句を生んだ精神である。煎茶の宗匠や、漢詩人などの東洋趣味と、一緒にされて堪るものではない。
問 佐藤春夫氏は風流を感覚だと云ひ、久米正雄氏はそれを意志だと云つて居ますが、それに就いてのお考は如何でせうか。
答 それは感覚と云ふ言葉の意味や、意志と云ふ言葉の意味を、はつきり制限して貰はないと、僕にはどちらにも左袒出来ない。あらゆる芸術は感覚的である。同時に又あらゆる芸術は、意志的である。だから、風流は意志だと云ふ説も、ある意味では成立つと同時に、風流は感覚だと云ふ説も、矢張りある意味ではなりたつだらう。僕はまだ両氏の議論を読んで居ない。両氏はどの位感覚と意志とを別のものにして、論ずる事が出来たかそれを見る時を楽しみにして居る。
問 行為を主としたものと、心境を主としたものとの差別が文芸上には、ありませんでせうか。
答 主として事件を書いたものと、主として心境を書いたものの差別は、あると思ふ。
問 それで、事件を主としたものが西洋的に、心境を主としたものが東洋的と云へるでせうか。
答 水滸伝でも、槍の権三でも、皆事件を主にして居る。しかし矢張り東洋的である。ゲエテの「さ迷へる人の歌」のやうなものは、心境を主として居る。…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko