えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

心の飛沫
こころのひまつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十七巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年3月20日
初出「婦人世界」1924(大正13)年6月号
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2003-11-15 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




  胡坐

 ああ 草原に出で
 ゆっくりと楡の木蔭
 我が初夏の胡坐を組もう。

 空は水色の襦子を張ったよう
 白雲が 湧いては消え 湧いては消え
 飽きない自然の模様を描く。
 遠くに泉でもあるか
 清らかな風のふくこと!
 私は、蟻の這い廻る老いた幹に頭を靠せ
 牧人のように
 外気に眼を瞑って 光を吸う。

 耀や熱に 魂がとけ
 軽々と情景に翔ぶ この思い。

  カーテン

 若き夫と妻。
 明るい六月の電燈の下で
 チラチラと鋏を輝かせ
 針を運び
 繊細なレースをいじる。――

 「どう?……これでよろしいの?
 長くはなくって?」
 妻は薄紫のきものの膝から
 雪のようなきれをつまみあげた。
 「いいだろう。寸法を計ったのだもの」
 夫は 二足で 傍らの小窓に近づいた

 六月 窓外の樹々は繁り
 かすかな虫の声もする 夜。

 朝 彼等の小窓に
 泡立つレースのカーテンが
 御殿のように風に戦いで 膨らんだ。
〔一九二四年六月〕



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko