えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

陣中日誌(遺稿)
じんちゅうにっし(いこう)
副題附・戦線便り
ふ・せんせんだより
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「山中貞雄作品集 全一巻」 実業之日本社
1998(平成10)年10月28日
初出「中央公論」1938(昭和13)年12月号
入力者野村裕介
校正者伊藤時也
公開 / 更新2000-02-18 / 2014-11-12
長さの目安約 18 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

遺書





○陸軍歩兵伍長としてはこれ男子の本懐、申し置く事ナシ。

○日本映画監督協会の一員として一言。
「人情紙風船」が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ。
 負け惜しみに非ず。

○保険の金はそっくり井上金太郎氏にお渡しする事。

○井上さんにはとことん迄御世話をかけて済まんと思います。
 僕のもろもろの借金を(P・C・Lからなるせからの払ッて下さい。)
 多分足りません。そこ、うまく胡麻化しといて戴きます。

○万一余りましたら、協会と前進座で分けて下さい。

○最後に、先輩友人諸氏に一言
 よい映画をこさえて下さい。
以上。

  昭和十三年四月十八日
山中貞雄
[#改ページ]

従軍記





×・二八――
 小津氏曰くの「靖国神社の門鑑」なるものを戴く。
 小判型の真鍮に 歩× 歩×補 番六一と刻ンである。

[#「註」略]

×・30
 二日の出立が四五日延期となる。
 月の七日の旅立ちとでも決まれば、我亦何をか言わンやである。
 雨、しとど降る。

×・五
 遂ニ×月「七日ノ旅立チ」ト決定スル
 ××ニ一泊シテ八日乗船トノ由。

 MEMO セットは花園駅を後景ニシテ前景の宿ハ稲荷駅前ノ玉屋ヲモデルトスル事、宿デナク駅ノ商家(商売ヲ考究スル事)デモヨシ

「おッ母アがお寺の和尚さんに頼ンで、写真の裏にこの通り俺の戒名書いて……」

 エフェクト
 万歳の声、汽車のボー

○――少しキツクなる恐れあり止めても可
 朝 お袋さんが訪れる
 村で鼻が高い話
 痔はどうかの話
 息子クサル

◎ラスト 戦地からの手紙――
 ボーゼストの、手と私の殺した男の、手とを再考スル

[#「註」略]

×・七
 遂に七日の旅立ちです。
 子供を背負ッて帯を除して、兵隊の横を小走りに行く女の人を見る。
 駅頭の混乱
 ××着(×××荷物駅)×町を行進する。
 京都の駅前でバンザイを叫んだ人と××の街頭でバンザイを叫ぶ人と顔色が違う。
 叫ぶ人の悲劇 叫ばれる奴の悲劇。
 喜劇かもしれない。
 前進座の宮川氏来る。

[#「註」略]

×・八
 朝から雨となる。土砂降りの雨。
 第二突堤より運送船××丸にて出帆す。
 乗船前三十分。
 前進座の連中に逢う。

[#「註」略]

「日直上ト兵」
 ワーイ
「食券持ってイモン袋取りに来い」

「オーイ、田中、田中、日直上ト兵ッ」
(居ない)
○紹介
 船尾で寝ていた。
「書簡は各小隊でまとめて船長の所へ持って来い、わかったか、わかったら返事せんか」
 ワーイ

「おい酔うて甲板へ出ると危いぞ」
「うん」
「海へ落ちるな、カマスゴに喰われるぞ」

○ゴムのパチンコで蝿を殺してる兵。

 ×月十一日――
 三井物産の大谷氏の話。
 ××乗船ニ遅れた兵。事務長ガ無電ヲ神戸港ノ司令部ニ打ツ
 兵来リテ汽車ニテ○○へ急グ
 …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko