えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「黄銅時代」創作メモ
「おうどうじだい」そうさくメモ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-04-24 / 2014-09-18
長さの目安約 13 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

       場所

 大学の道。      Fu[#「Fu」は縦中横]の家。
 此の家。 音楽会。 友達のうち。 郊外のトリップ 電車の中。 どこかの別荘。
           ――○――
○吉田さんのところ、
○フィティア 自分の部屋、ダニエルの、和田の。ホール、  ○病院、  ○キャムパス。リス、楓、ぬれて横わるパン、インディアン ダンス
○図書館(セミナー。ジェネラル。廊下。) ○往来、
 插話は此処へ入る。 ――○――
○レークジョージ  ○メゾン ファシール、  ○チョプスイ。
○アムステルダム(朝、夕方、夜)  ○岩本さんのところ。
○バン コートランド。  ○オペラ。  ○芝居。  ○西村さんのところ。
 〔欄外に〕插話。 講演会。(弘道会)

日米週報社より、本田が広告を見て訪ねて来たことをしらす。
一月  八日 セントルーク退院。
    九日 の朝本田来る、みじめな様子。
       の夜、よそに招かれた父を待って、マルセーユーのホールで話す。グランパが桜の花を書き、エニシアルを研究し、十二時過に、グリルでランチをとる。
    十日 グランパを御飯に招き、マルセーユの額のかかった下のソーファーで、盛に議論した。ダディーは長野宇平治氏と話し、オーケストラは鳴る。
   十一日 本田をたずねようとしてミルス・ホテルに行く番地をききに来る。ダディーはかえらず。自分は赤いスウェターを着る。ネクタイの先のほつれたのを縫ってあげる。
   十二日 博物館、展覧会、活動、
   十四  グランパに招かれて若松から、リデムプションを見る。
   十五  未来の仕事(自分)についての議論
   十六  第三木曜会へ一緒に行く、寒い日、かえりに一〇丁目の角でお茶をのむ、始めて石原さんに会う。グルグル廻る戸から出た彼の印象、妻沼さんのダディへのインビテーションをホールできき、いそいで、オムレットをたべて出かけた。
   十七日 フィティアに行く。
   十九日 ホテルで一緒に食事をし、夜はグランパがダディの packing を手伝う。三人で、夜フィテアにかえる。
   二十日 ダディを二時四十分の汽車に見送り、三人で(三浦鍋太郎、矢野)サブに乗り、村川氏に会いたいと云うので、送ろうとするAを強いて一〇三町目でおろす。
  二十二  Betrothal に行く約束があったので、Aに電話をかける。少し喉の工合が悪いと云う。気の毒に思いながら行く。二度目。マティネー。夕方早く B'way を歩いて帰る。せわしい夜の B'way
  二十四日 ハムプテンのハムレット、和田と三人。(のろのろとして居る和田)和田の不自然な緊張と荒々しさが自分の心を苦しめた。風の激しく寒い日
  二十五日 電話で、ワーレスロッジに行くことを告げる。
  二十六日 夜電話にて話す
 …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko