えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

結婚に関し、レークジョージ、雑
けっこんにかんし、レークジョージ、ざつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2008-12-27 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




  黄銅時代の為
○オイケンの偉人と人生観より、p.9
「精神の領分に於ては、個々の部分の総和其ものが決して全体を生じないと云う点に一致して居る」
 此は、二人の人間の精神的産物は、二つの傾向の中間であると云う点にあたる。
 精神的の結合は、その二人が結合した事によって、より高い価値を生ぜしむる点が重要である。

  黄銅時代の為に、
 トルストイの性慾論中より、
「愛する者とのみ結合しようとするのは――結婚に依ると依らざるの別なく、よし又詩的に小説的に理想化せられ得るとしても――多くの人々が立派なものと思って居る豊富な美食を求めようとする目的と同じく価値のない目的である。」
 そうだろうか、自分はそうは思われない。愛する者に対する感情は、此の一句の前に書かれて居るように、性慾を刺戟する肌の部分を現わすに躊躇しない心持で男を牽きつけ、オードコロンで、女を酔わす如きものでないことは明かである。
 又、自分は、
「更に恋愛もしくは愛する者との結合は決して人生に価値ある目的の到達を容易ならしめるものでなく、却って此を阻害するものであることに気附かなくてはならぬ。」
 勿論、配偶者の如何によって、其は明である。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko