えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

生活の様式
せいかつのようしき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-05-13 / 2014-09-18
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




     芍薬

「これ 八百屋の店先に バケツにつけてあったの。一束八銭よ これだけで十六銭 やすいでしょう。こないだ夜店で一輪五銭の蕾買って来たら みんなさいて迚もうれしかった――この色少し気にいらないんだけれど……」
   対照
「このチューリップは傑作だ。サティンのようにつやがある。」
 そして、わきの紙をとって「一輪いくら? 一本五銭?」とかくと 咲 その鉛筆をとって
「四本十銭とかく」
「じゃあっちはいくら?」
 赤い芍薬をさす
「五銭?」
「それに 一たしただけ」
「なかなかよろしい」
 咲、自家用にのって、やすい花屋をさがして吉祥寺前の問屋とかで買って来た由。
 芍薬二輪ぐらいずつ大切にいけられている、

     額

「これいい絵ね だれの?」
「淳さんの、恐らく淳さんの一番いい絵じゃないかって 云われているの、
 鶴さん大自慢ですよ 俺が其を見つけたって――」
「いくら」
「五円 お礼にあげたの、それもついこの間。――箇展で赤札つけといてね」
「こっちは光子さん」
 自分の肖像
   対照
 大掃除 サイドボードを動かす
 上の下らぬ大額をおろす。買い手が見つけられるから。
「あれを買うって?」
「本当?」
「本当!」
「へーえ、あれお父様ただ貰ったんだろう?」
「そうじゃないらしいわ、この間帳面見たら 野原五人立ち200[#「200」は縦中横]って書いてあるから きっとこれだと思うわ」
「200[#「200」は縦中横]だしてこれを買ったの?――どうかと思うね」



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko