えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

よろこびはその道から
よろこびはそのみちから
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-05-22 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




夕暮
仕事につかれ
「赤と黒」とを手にもって
縁側に腰かけている
きょうも 空しいままに暮れた
わがよろこびの小径を眺めながら。

松の木と木の間をぬけて
草道はうねり
あっちの林へ消えている
その道の果はこの庭
この間の嵐で 松の落葉の散りしいた

この小径はよろこびの小径
夕方、六時が半分すぎた頃
この道から おかしな二輪車があらわれる
   草の上だから音もなく
樹間にちらつく俥夫の白シャツは
わたしの うれしい前じらせ
車がとまり
その幌のなかから
溢れ出す わたしのよろこび
この小径は よろこびの小径。

きょうも空しく暮れるよろこびの小径を眺め
わたしは考えている
ああ もし あした この小径に
あのよろこびが溢れ出したら
わたしは泣き出さないでいられようか、と。

 これは それほどわたしの
 よろこびの小径



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko