えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「緑の騎士」ノート
「みどりのきし」ノート
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-05-22 / 2014-09-18
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

一、リュシアン
 ソレルとは全くちがったリュシアン・ルーヴェン。一八三二年六月五日、六日ラマルク将軍の葬式に際し60[#「60」は縦中横]名のポリテクニック学校生徒(理工科学校)は禁足令をやぶって制服のまま葬式に参加した。リュシアン・ルーヴェンもその一人。退学させられた。二十歳
○父はヴァン・ペテールス・ルーヴェン会社組合員、ブルジュア。名銀行家
○リュシアンは槍騎兵二十七連隊付少尉となる。(月に99[#「99」は縦中横]フランかせぎたい 一個人間として自信をもちたい)
○リュシアンはナンシーにゆく。陰気で保守的な反政府的(反ルイ フィリップ)な反ブルジュア的な王党派の町。くさるリュシアン
○小麦商ボナール氏のところに部屋をもった。前には中佐侯爵が住んでいた。それを知らずにリュシアンはかわって反感をもたれてる
〔欄外に〕
 マクシミリアン・ラマルク 1770―1832 はナポレオン帝政時代の名将軍 七月帝政時代にも反対派代議士として有名 コレラで死 葬式が暴動のキッカケとなった ジャンヌ一揆二日間。
○ルシアンの性格は英雄主義 父の曰く
 「お前はアミを高くはりすぎる」p.79 共和主義なんてレッテルとポリテクニックの放校生なんていまいましい汚名を雪ごうと思った。デリケートで気のきいた、むずかしい――そう云った行動ばかりする気でいた。ところが五十四フランのがくぶちと五フランの石刷画(フリッペ)ですむんだ。

リュシアンの日課
   軍務。ナポレオン戦史講義
   騎兵の操兵法(日に二時間ずつ)チェスのようにして
  そういう日課が習慣となって来た、
  p.91―若い少尉のあらゆる感覚が鈍って来た
             ○
 ――殆ど自分自身に対しても深いケンオを抱くようになって来た。
 この時代に共和派のゴーチエと知り合った。(所有地測量部付測量師)六週間仲よくつき合った

p.95○連隊長マレールのリュシアンに対する悪感情

○決闘して負傷したリュシアン 兵士のメニュエルに介抱される メニュエルとリュシアンの感情
p.114 ナンシイの名医王党派デュ・ポワリエ氏
○(舞踊会)の chapter
 ド・シャトレール夫人への恋 彼女のリュシアンへの愛慕
〔欄外に〕
 スタンダールの時代の共和主義者というものの考えかたはどういうものだったのだろう。サン・シモニズムだけだったのか
     ‖
 民衆――プロレタリアートの意味がつかまれていない思想のゴーチエ、これはゴーチエの問題かスタンダールの問題か。
○ブルジョア夫婦に対するスタンダールの嫌悪 p.98

     スタンダールのルシアン

 ルシアン・ルーヴェンも、若くてはげしい気象でしかも矛盾した内的要素をもつ人間としてかかれている。

p.167 するとおれは一生板ばさみだな。
   一方には――

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko