えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)
あわだぐちしめすふえたけ(さわのむらさきゆかりのさきわけ)
副題01 序
01 じょ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「圓朝全集 巻の三」 近代文芸資料複刻叢書、世界文庫
1963(昭和38)年8月10日
入力者小林繁雄
校正者門田裕志、仙酔ゑびす
公開 / 更新2010-11-29 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 今を去る三十年の昔、三題噺という事一時の流行物となりしかば、当時圓朝子が或る宴席に於て、國綱の刀、一節切、船人という三題を、例の当意即妙にて一座の喝采を博したるが本話の元素たり。其の時聴衆咸言って謂えらく、斯ばかりの佳作を一節切の噺し捨に為さんは惜むべき事ならずや、宜敷く足らざるを補いなば、遖れ席上の呼び物となるべしとの勧めに基き、尚金森に充分の枝葉を茂らせ、國綱に一層の研を掛け、一節切に露取をさえ添え、是に加うるに俳優澤村曙山が逸事を以てし、題して花菖蒲沢の紫と号せしに、この紫や朱より先の世の評判を奪い、三十年後の今日迄依然として其の色を変ぜざるのみか、一度やまと新聞に写し植字たるに、這も復時期に粟田口鋭き作意と笛竹の響き渡り、恰も船人の山に登るべき高評なりしを、書房は透さずこの船人の脇艪を押す事を許されたりとて、自己をして水先見よと乞うて止まねば、久しく採らぬ水茎の禿たる掉を徐ら採り、ソラ当りますとの一言を新版発兌の船唄に換えて序とす。

弄月庵主人記



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko