えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

近況報告
きんきょうほうこく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「坂口安吾全集 14」 筑摩書房
1999(平成11)年6月20日
初出「別冊小説新潮 第八巻第一〇号」1954(昭和29)年7月15日
入力者tatsuki
校正者noriko saito
公開 / 更新2009-04-22 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 去年ゴルフをはじめてから丈夫になった。洋服からの感じだといくらか痩せたかと思われるが、目方はむかしの十八貫から二十貫五百になった。十八貫のころゆっくり登っても息ぎれがして頂上へ登りつめると目まいがした山へウバ車を押して一息に登ることも犬と一しょに走って登ることも平気になった。だから、よく眠る。よく食う。よく飲んでせんだっても血を吐いたが、医者の命令の五分の一だけ守って、五分の一の日数で簡単に全治した。数年間の不健康をこの機会にとりかえすつもりで、なるべく最小限の仕事しかしない。しかし私の弟子を称する数名のあまり素行よからぬ連中が言い合せたように綱男クンのために貯金してあげて下さいと言い言いするので、私もなんとなくそんな気になりかけてきた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko