えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

雪中の日光より
せっちゅうのにっこうより
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「木下尚江著作集第1巻」 明治文献
1972(昭和47)年2月10日
初出「毎日新聞」1900(明治33)年2月22日
入力者林幸雄
校正者小林繁雄
公開 / 更新2006-08-30 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




十八日發   樹蔭生

十六日夜は渡良瀬河畔に父老と語り明かしつ、明けの日も爲めにいたく時をうつしぬ、堤上の茂竹枯れて春は來ぬれど鶯も鳴かずなど訴ふるを聽て
 鶯も鳴かずなりぬる里人は
      なにをしるしに春は知るらん
佐野の停車場に[#挿絵]車を待ちぬるに山風に雪の降り來ぬれば
 袖さへに拂はでむかし忍ぶかな
      佐野のわたりの雪の夕暮
 覺束な、明日入る路や絶へぬらん
      足尾の山はみ雪降るなり
十七日、日光に泊りぬ、奧羽地方より雪ふみ分けて來ぬる參詣の旅客にて賑はし、
今朝起き出でぬれば雪積もること三尺、美觀言はん方なし
 まれに來し人の爲めとや山姫は
      雪の白綾かつぎしぬらん
去れど心さす方のある身には如何ばかり苦しかるらん、今も尚ほ繽紛として止まんともせず、せめては雪のはるゝを待ちて登山せん
 行方さへあはれ何れとしら雪の
      あまきる空をながめぬるかな
華氏五十三度されど雪後の寒さこそ思ひやらるれ、
(明治三十三年二月二十二日 毎日新聞第八八二六號)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko