えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

真相かくの如し
しんそうかくのごとし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「坂口安吾全集 07」 筑摩書房
1998(平成10)年8月20日
初出「読売新聞 第二六二四八号」1948(昭和23)年11月1日
入力者tatsuki
校正者砂場清隆
公開 / 更新2008-04-08 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




「真相」という雑誌に、私が昨年「風報」にのせた文章が一部抜萃して載っている。これは私の承諾を得たものではなく、全く無断の転載である。
 これを私に知らせるために、わざわざ訪ねてきてくれた友人は、著作権法に通じた人であった。彼はニヤニヤしていった。
「著作権法にふれていると思うかね」
「むろん、そうだろう」
「ところがそうじゃないんだ」
 彼は六法全書をとりだして著作権法第二〇条ノ二を示した。
「時事問題ニ付テノ公開演述ハ著作者ノ氏名、演述ノ時ト場所ヲ明示シテ之ヲ新聞紙又ハ雑誌ニ掲載スルコトヲ得(下略)」
 なるほど「真相」に転載の文章は、これを時事問題と見ることができる。のみならず、文章の末尾に「風報第二巻第一号より」と、ちゃんと時および場所を明示してある。ここに至って、私の怒りは爆発した。
 私は手もとに六法全書などは持たぬ。いかなる激論をなす場合にも、未だかつて六法全書に相談する必要はなかった。正義とは、私自身に認容せられることであり、六法全書によって保障せられることではない。
 しかるに「真相」はなんぞや。口に共産党的社会正義を説き旧秩序を論難バクロしながらその旧秩序の六法全書から抜け道をあさって、他人の文章を党略に利用し、営利をはかっているではないか。かゝる品性下劣なる輩に、新しき秩序や社会正義を説かれてたまるものではない。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko