えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

作者附記〔「火」『群像』連載第一回〕
さくしゃふき〔「ひ」『ぐんぞう』れんさいだいいっかい〕
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「坂口安吾全集 07」 筑摩書房
1998(平成10)年8月20日
初出「群像 第四巻第一一号」1949(昭和24)年11月1日
入力者tatsuki
校正者砂場清隆
公開 / 更新2008-04-08 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 この小説は「新潮」三、五、六、七月号所載の「にっぽん物語」第一章、その一「スキヤキから一つの歴史がはじまる」につゞくものであります。以下三カ月にわたって第一章「その二」を連載し、六カ月休んで第二章を、また六カ月休んで「第三章」を、そのようにして全五章を書き終る予定であります。
 この小説にはモデルはありません。戦時内閣の総理大臣も現れますが、東条でも近衛でもありません。内乱も起りますが、五・一五にも、二・二六にも似つかない架空のものであります。歴史的真実は日本の敗戦のみ、他は人物も事件もすべて作者の創作であります。したがって、歴史には似ていないが、しかし最も真実な歴史的小説で有りうるかも知れません。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko