えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

奈良二題
ならにだい
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「草衣集」 相模書房
1938(昭和13)年6月13日
入力者門田裕志
校正者小林繁雄
公開 / 更新2006-11-02 / 2014-09-18
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

       社交團

 正倉院の曝凉は途中で雨が降りだすと追ひ出されて拜觀劵がそれきり無效になるので天氣を見定めて出かけねばならなかつた。それに、拜觀時間は十時から三時までと限られてあつたので、時間を有效に利用しなければ、私の計畫してゐたものは全部調べられるかどうかわからなかつた。私はその時(大正十五年十一月)は主として北倉と南倉の階上に陳列されてある伎樂面と天平時代の雜樂に關する資料を拜觀したいと思つてゐた。
 その日は早く起きて、空のことばかり氣にしてゐたが、まづ大丈夫だらうと見きはめがつくと、かねて用意して置いた懷中電燈と陳列目録と寫生帳をポケットに押し込んで、定刻早めに奈良ホテルを出た。
 拜觀者入口と高札を打つた柵の前には、かれこれ十人ばかりの婦人連が、若いのも年とつたのも、肥つたのも瘠せたのも、高いのも低いのも、いづれも白襟紋服の正裝で、列んでゐるやうな、列んでないやうな、大體に於いてその位置を占據しながら、それでゐてその範圍内で斷えず移動してゐるといつた奇妙な集まり方をしてゐた。その前の柵の向側には、いかめしい制服の守衛が四五人突つ立つてゐたけれども、入口を塞いでゐる婦人連を片脇へ寄せようともしなければ、早く入らせようともしなかつた。
 もう入場時間となつたので、私は早く入りたいと思つたけれども、婦人連を押し分けて入るのもいけないと思ひ、おとなしく後に立つて待つてゐた。
 そこへ車が一臺やつて來て、一人の中年の婦人が幅廣の肉體をだぶつかせながら現はれると、婦人連は一せいに最敬禮をした。長官夫人とでもいふのであらう。お辭儀の交換と、挨拶の捧呈。――オクサマが此間どうあそばした時には、どうしなければならなかつたのでございましたが、私どものつまらない子供が病氣でございましたので、つい相濟まないこととは存じながらも、失禮をさせていただきまして、といつたやうな叮嚀な辨解から始まつて、――いつぞやはまたオクサマが東京からお歸りあそばした時には私の咀はしい持病が起りまして、ほんとに、ほんとに、相濟まないこととは存じ上げながらも、停車場へお出迎へ申し上げますこともいたしませんで、と愍憫を求める哀願。――それにつきましても、こんな所で申し上げますのはいかがでございますが、私の尊敬して止まないオクサマは……
 一體、これはどうなるのだらう。
 縣廳だか裁判所だか知らないが、細君連の社交團の移動だ。十數名の者が一人づつ鄭重な辭令を交換してゐた日には、後に待たされてゐる人間はどうすればいいのだ。
 ばかばかしくなつたから、私はギャラントリなんか抛棄して、前の方へ出ようとすると、いかめしい制服の守衛が手を振つて、もうしばらくお待ちください、と制止した。
 禮裝した色のなま白い少尉が細君らしい女をつれてやつて來て、私の後に立つてゐた。
 婦人連の社交クラブは果しなくつづ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko