えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

玉突の賦
たまつきのふ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集20」 岩波書店
1990(平成2)年3月8日
入力者tatsuki
校正者小林繁雄、門田裕志
公開 / 更新2006-03-31 / 2014-09-18
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「いくつお突きなります」
「さあ、しばらく突かないんですが……」
 玉突く男は曲者。
 三十? 四十? 五十? …………
「ぢや、百にして見て下さい」
 ――こいつ、百なもんか!

「どうぞ」
「さうですか」
 コツン、コツリン……。
 ――ふたあつ……。
 コチツ、ポツン……。
 ――ふたつ当り……。
 やれ、やれ。

「しつかりおやんなさいよ」――ゲーム取りのおきみちやんが眼で怒鳴る。
 まづ、煙草を一ぷく。
 ――いつうつ…………なゝあつ…………とおお…………十三…………十六…………
 おれは時間を空費してゐる。

 こいつは上等な××タマだ。
 厚く当れば開く。
 薄く舐めれば棒になる。
 押せば狂ふ。
 引けば逃げる。
 こいつは上等な××タマだ。
 が、扨て、弱つた。

 そつと空クシヨン。
 ――よせ、よせ。
 軽くマツセ。
 ――あぶない。
 えゝい、まゝよ、ピチン。
 くそ、ミツスか。

「おきみちやん、ぼく、あといくつ?」
「まだ一本返りません」
「むかうさんは?」
「十八ゲーム」
「むかうさんも、お当りにならないな」
「おつと、そこには、お茶碗があつてよ」

「大まわし…………」
「いや、まづ、こつちから…………」
 こいつ、きたたい[#「きたたい」はママ]。
「引つ張つた!」
「先玉が帰つて来ない」
 うそつけ。
「当りゲーム」
「どうぞ」
「失礼」
 なんだ、あの腰つきは。
 おきみちやんが、鉛筆をしやぶり出した。

「百ぢや、少しお強かない、この方?」
 おきみちやん、察してくれ。
 おれも男だ。
 おまへは女だ。
 おきみちやん、この方は泥棒だよ。

 牧場のやうな緑色の羅紗の上を、魂のやうに、白玉と赤玉とが、緩く、速く、思ひ思ひの方角に走つて行く。
 電燈がつけば、ぱツと象牙の肌が光る。
 おきみちやんが、しびれた股のあたりを撫ではじめる。
 水色の襟に囲まれた、その三角の胸が波をうつ。

「もう一度いかゞ」
 男と男とは、敵意と友情とをほどよく交へた眼で、さりげなく笑ひ合ふ。
「いざ」
「いざ」
 棒を取つて立ち上る。
 この槍で、あの胸元を、やツと一と突き。
 待て、待て、チヨークがついてない。

「どうぞ」
「お先へ」
 無銭遊興者の後姿は寂しい。
 彼も遂に、道楽の味を解しないと見える。
 そして、このおれに、二度頭を下げた彼
 憫れむべき無銭遊興者、この野郎!
 おきみちやん、もう何んとか云へよ。

 寄せては散らし、散らしては寄せ……
 あゝ、此の妙技、老ひたる母に見せたし。
 彼女は云ふならん――
「お前、何時の間に、そんなに玉突が上手になつたんだえ」と。
 おれは云ふならん――
「えゝ、でも、もつと上手な人がゐますよ」
「ほんとかい」と彼女は、疑ふならん。
 それから、わが愛する妻に見せたし。
 彼女は云ふなら…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko