えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

女優と劇作家
じょゆうとげきさっか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集20」 岩波書店
1990(平成2)年3月8日
入力者tatsuki
校正者小林繁雄、門田裕志
公開 / 更新2006-03-31 / 2014-09-18
長さの目安約 11 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 劇作家が自分の恋人を其の作品の女主人公にすることは、極めて有り得べきことである。しかしまた、或る作品の女主人公に扮した女優が、その作品の作者と恋愛関係に陥ることも稀ではない。なほまた、劇作家が自分の恋する女優の為めに、彼女自身をモデルとして作品を物することも屡々あるに違ひない。
 此の場合、凡庸な作家とおちやつぴい女優との関係は固より問題とするに足らないが、少くともその一方が、才能ある劇作家、世に時めく女優である場合には、相当に興味もあり、話の種にもなるといふものである。殊に、恋愛関係の有無に拘はらず、劇作家は女優の才能によつて、女優はまた劇作家の天稟によつて、それぞれ芸術的霊感を与へられ、之が為めに輝やかしい前途を見出すといふやうなことは、誠に大慶至極な話である。
 例を日本に求めること、さほど困難ではないが、これは読者諸君がとつくに御承知のことゝ思ふから、こゝでは世界の女優国、仏蘭西に例を取つて、思ひ出すまゝを記して見る。

 仏蘭西の劇作家でも、モリエールほど浮名を流した劇作家はあるまい。彼は劇作家であると同時に俳優である。彼は四十歳の時に二十年来の情人にして一座の女優たるマドレエヌ・ベジャアルの娘、アルマンドと結婚した。それが問題になつた。然し、アルマンドが自分の血をわけた娘でないことぐらゐはモリエールも知つてゐたらう。此のアルマンド、一代の喜劇作者をしたゝか悩ました女である。
「わたしがいくら気をつけてゐても、彼女のわたしに対する冷やかな態度は増すばかりであつた。……彼女の心はわたしの心から離れて行つた。わたしは夫として不自然と思はれるほどの気兼ねをした。彼女の愛情に不満を感じるのは、彼女が機嫌の悪い時だ、と自分を慰めようともした。然し、わたしは誤つてゐた。その誤りを知るためには多くの方法があつた。わたしは平静を装つてゐることができなくなつた。彼女は、その頃、ギイシュ伯爵に夢中になつてゐたのだ。
 わたしはそれを知つた時に、自分を制御しようと努めた。が、それは不可能なことだ。わたしは、そのために、あらゆる精神的努力を傾倒し尽した。わたしは、あらゆる慰藉の手段を探し求めた。処が、わたしが教育した女が、少しの才能もなく、少しの美しさもなく、そして、その女が、わたしの人生観を根柢から覆したと思ふ時、わたしは悲嘆にくれた。それでも、彼女が、自分の潔白なことをわたしに告げた最初の言葉で、わたしは、わたしの疑ひが不合理であることを感じた。わたしは彼女に冤しを乞うた。
 然しながら、わたしの態度は、少しも彼女の心持を変へることはできなかつた。わたしは苦しい。わたしを憐れんで下さい。わたしの情熱は、彼女の利害に同情を持つほどまでに進んではゐた。なるほど、父として彼女を愛することはいゝことかも知れない。然し、わたしは、一つしか愛し方を知らないのだ。一つしか愛し方は…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko