えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

或る日の動物園
あるひのどうぶつえん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集20」 岩波書店
1990(平成2)年3月8日
初出「手帖 第一巻第二号」1927(昭和2)年4月1日
入力者tatsuki
校正者小林繁雄、門田裕志
公開 / 更新2005-10-27 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 鷲がその威風に似ず、低脳らしい金属性の声をたてた。

 支那の聖人に似てゐる駱駝が、唇をふるはせながら子供にせんべいを貰つてゐる。彼女は、それを見て、やつぱり日向ぼつこをしてゐるときが一番好きだと云つた。

 火食鳥は神主。駝鳥は DEMI-MONDAINE のなれの果て。

「さけい」といふ鳥の前で、彼女はまた、「農民ね」と呟いた。

 眠つてゐる獅子の檻に近く、長髪の男が、しきりに、「怒れる獅子の図」を描いてゐた。

 なまめかしきは黒豹。

 熊と川獺は友だちにもちたくない。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko