えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

よく利く薬とえらい薬
よくきくくすりとえらいくすり
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「新修宮沢賢治全集 第八巻」 筑摩書房
1979(昭和54)年5月15日
入力者林幸雄
校正者久保格
公開 / 更新2002-11-20 / 2014-09-17
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。
 そして一足冷たい森の中にはひりますと、つぐみがすぐ飛んで来て言ひました。
「清夫さん。今日もお薬取りですか。
 お母さんは どうですか。
 ばらの実は まだありますか。」
 清夫は笑って、
「いや、つぐみ、お早う。」と言ひながら其処を通りました。
 其の声を聞いて、ふくろふが木の洞の中で太い声で言ひました。
「清夫どの、今日も薬をお集めか。
 お母は すこしはいゝか。
 ばらの実は まだ無くならないか。
ゴギノゴギオホン、
今日も薬をお集めか。
 お母は すこしはいゝか。
 ばらの実は まだ無くならないか。」
 清夫は笑って、
「いや、ふくろふ、お早う。」と言ひながら其処を通りすぎました。
 森の中の小さな水溜りの葦の中で、さっきから一生けん命歌ってゐたよし切りが、あわてて早口に云ひました。
「清夫さん清夫さん、
お薬、お薬お薬、取りですかい?
 清夫さん清夫さん、
お母さん、お母さん、お母さんはどうですかい?
 清夫さん清夫さん、
ばらの実ばらの実、ばらの実はまだありますかい?」
 清夫は笑って、
「いや、よしきり、お早う。」と云ひながら其処を通り過ぎました。
 そしてもう森の中の明地に来ました。
 そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取ったやうになってゐます。
 清夫はお日さまで紫色に焦げたばらの実をポツンポツンと取りはじめました。空では雲が旗のやうに光って流れたり、白い孔雀の尾のやうな模様を作ってかゞやいたりしてゐました。
 清夫はお母さんのことばかり考へながら、汗をポタポタ落して、一生けん命実をあつめましたがどう云ふ訳かその日はいつまで経っても籠の底がかくれませんでした。そのうちにもうお日さまは、空のまん中までおいでになって、林はツーンツーンと鳴り出しました。
(木の水を吸ひあげる音だ)と清夫はおもひました。
 それでもまだ籠の底はかくれませんでした。
 かけすが、
「清夫さんもうおひるです。弁当おあがりなさい。落しますよ。そら。」と云ひながら青いどんぐりを一粒ぽたっと落して行きました。
 けれども清夫はそれ所ではないのです。早くいつもの位取って、おうちへ帰らないとならないのです。もう、おひるすぎになって旗雲がみんな切れ切れに東へ飛んで行きました。
 まだ籠の底はかくれません。
 よしきりが林の向ふの沼に行かうとして清夫の頭の上を飛びながら、
「清夫さん清夫さん。まだですか。まだですか。まだまだまだまだまぁだ。」と言って通りました。
 清夫は汗をポタポタこぼしながら、一生けん命とりました。いつまでたっても籠の底はかくれません。たうとうすっかりつかれてしまって、ぼんやりと立ちながら、一つぶのばらの実を唇にあてま…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko